Back
「自然観察の森」の教化施設としての特徴について   :   A Study on the Features of Woodlands for Nature Observation as a Educational Facility 

作成者 油井, 正昭, 古谷, 勝則, 小島, 孝文, 石井, 弘
作成者 (ヨミ) ユイ, マサアキ, コジマ, タカフミ
作成者の別表記 YUI, Masaaki, FURUYA, Katsunori, KOJIMA, Takafumi, ISHII, Hiroshi
日本十進分類法 (NDC) 620
内容 身近な自然とのふれあいをとおして, 自然に関する理解や保護の大切さなど, 環境への関心を高めていく場の確保が重要である.この様な視点のもとで, 環境庁の施策の一環として, 1984年から1991年にかけて全国10箇所に「自然観察の森」が整備された.そこで, 本研究では, これらの「自然観察の森」を対象に, 野外観察施設の整備状況や自然保護教育活動の現状を調査し, その特徴や問題点を明らかにすることを目的とした.研究は, 「自然観察の森」全10箇所に対して, アンケートを行い, 野外解説施設の整備状況, 利用者へのガイド状況, ボランティアの協力状況などを調査した.また, 「横浜」, 「油山」, 「牛久」の3箇所は, 現地調査及び管理者へのヒアリング調査も行った.(1)「自然観察の森」におけるネイチャー・トレイルの平均的な総延長距離は, 2.6〜3.5kmである.利用者が1〜2時間程度で一巡するには長いが, 「牛久」を除く9箇所でショートカットコースを設けている.今後, ネイチャー・トレイルの路線数を拡充して, 利用促進のために, パンフレットなどにモデルコースを明示する必要がある.(2)ネイチャー・センターの展示では, 地形や地質を展示していないところがあったが, 地域の身近な自然を知るためにも, 展示すべきである.展示内容では, 鳥の巣や昆虫の飼育が, 普段自然に接する機会の少ない都市近郊の住民にとって有効な展示である.展示の入れ替えは, 6箇所で年間4回行われていて, リピーターが来園した際に季節の変化をとらえることができようになっている.(3)ネイチャー・トレイルでは, セルフガイド用の解説板が多い.また, 現地に番号杭を立てリーフレットで確認する形式は, 4箇所で行われている.この形
The purpose of this study is to describe educational facilities in Woodlands for Nature Observation in order to influence the future development and quality of educational approaches to the nature conservation. We did a questionnaire survey to 10 spots of Woodlands for Nature Observation, and investigated spots of Aburayama, Yokohama, Ushiku. The results are as the following. The length of the nature trail is usually from 2.6 to 3.5km, the length is long pass. Because walking time should be within 1 to 2 hours, and the length should be between 1 and 2.5km. The width of the trail is between 1.5 to 2m. It is desirable to set up a plural model course. There was not doing display a topography and a geology in nature center. They should display it, in order to recognize an area. Nest of a bird, breeding of an insect is an effective display. It is necessary to improve the method of exhibition by developing more exciting devices such as nest and breeding. They exchange a display in the intervals 4 times per a year. An almost person participates individual volunteer as interpretation. The interpretation service is developed and prepared. It is necessary to increase an event for a student of a junior high school and high school.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026445
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.48 page.117-124 (19940325)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004283636.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

620 times.


Search
Related Materials in