Back
園芸用土の物理性に関する研究 : II.鹿沼土の土壌構造と水分特性について   :   Studies on the Physical Properties of Horticultural Soils : II. Characteristics of the Soil Structure and Soil Water Retentivity of Kanuma-tsuchi 

作成者 矢橋, 晨吾, 雨宮, 悠, 高, 錫九, 水庭, 千鶴子, 高橋, 悟
作成者 (ヨミ) ヤバシ, シンゴ, ミズニワ, チズコ
作成者の別表記 YABASHI, Shingo, AMEMIYA, Yu, KOH, Seukkoo, MIZUNIWA, Chizuko, TAKAHASHI, Satoru
日本十進分類法 (NDC) 613.5
内容 以上の結果を総合的にまとめると以下のとおりになる.保水性及び通気性・透水性が良好であることは植物の生育にとって重要を条件であり, 従来鹿沼土がこれらの条件を満たすものと一般にいわれてきた.しかし, 今回実施したいくつか実験並びに測定結果から, 鹿沼土の存在形態, 撹乱・不撹乱の差, さらに生土と風乾土の違い等調査の対象となる供試土の様相によって多少なりとも値に差の出ることも明かである.すなわち, 実用面においては, その取扱い方法によって性状に差異が現れることを認識することが肝要である.さらに本調査・研究から深い層に存在する鹿沼土, すなわち, 大粒径の鹿沼土ほど多量に粗間隙および微細間隙を持ち, 保水性を高める.一方, 鹿沼土粒子が形成する団粒間の大小の間隙が通気性に大きく寄与していることが保水特性並びに通気性の測定結果より明らかになった.しかし, 自然構造における存在条件によっては非火山性の鉱質土と比較してこれらの間隙量が圧倒的に多いとはいえないものもある.従って保水性と通気性・透水性の関係が少なくとも自然構造にある鹿沼土においては全てにわたって良好であることは断定できないことがわかった.今日, 採取したものは風乾させ袋詰めにされて, 園芸店において販売されているが[4], 以上のことを考慮に入れ, 今後鹿沼土を合理的に利用するには, 粒径及び間隙により分類し, 植物により使い分ければ一層の効果が得られるものと考える.
The Kanuma-tsuchi (weathered lapilli) is usually said to have good water retentivity and conductivity conditions as a horticultural soil. The results, however, show a little bit of differences among the samples from the different natural deposite layers. Both samples from the most upper and lower layers have a larger paticle-size diameters, and higher conductivities than other midlayer samples. But, the data from the natural wetness and specific surface shows the argillization advances in lower layers. The water retentivity, pore-size distribution and conductivity show the granulation advances in mid-layer. The water retentivity of Kanuma-tsuchi is very good for horticultural use because of the high available water existence.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026447
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.48 page.135-140 (19940325)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004283638.pdf
情報源 AN00142658
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

603 times.


Search
Related Materials in