Back
Identification of a Major Soluble Protein in Senescent Broccoli Head.   :   老化に伴って減少するブロッコリー花蕾中の可溶性タンパク質の同定 

作成者 Fujii, Tomoko, Kazami, Daiji, Sato, Takahide, Nakagawa, Hiroki, Ogura, Nagao
作成者 (ヨミ) フジイ, トモコ, カザミ, ダイジ, サトウ, タカヒデ
作成者の別表記 藤井, 智子, 風見, 大司, 佐藤, 隆英, 中川, 弘毅, 小倉, 長雄
日本十進分類法 (NDC) 620
内容 ブロッコリー花蕾を高温処理(45℃の温水に14分間浸漬)すると貯蔵性が高まり, 老化に伴い上昇するプロテアーゼ活性および主要な可溶性タンパク質(C-バンドタンパク質)の減少が抑制された。このC-バンドタンパク質を同定するため硫安分画, DEAEセルロースおよびSepharose 6Bカラムクロマトグラフィーを用い分離した。C-バンドタンパク質の分子量は525kDaと大きく, SDS-PAGEでは分子量48.5kDaと17kDaの2つのサブユニットに分離した。タンパク質およびサブユニットはイネのRuBisCoポリクロ-ナル抗体と反応し, RuBisCo活性を示した。以上の結果から, このタンパク質はRuBisCoであると同定された。
The major soluble protein of broccoli head (C band protein) was broken down and protease activity was increased during storage, but this phenomenon was inhibited by heat treatment (45℃ for 14 min). We purified this C band protein by means of ammonium sulfate fractionation, chromatographies on DEAE-cellulose and Shepharose 6B column. Molecular weight of C band protein was calculated to be 525 kDa. The C band protein was composed of two types of subunits. Molecular weight of large subunit was 48.5 kDa and that of small subunit was 17 kDa. The C band protein subunits reacted with rice leaf anti-RuBisCo polyclonal antibody. And C band protein showed the RuBisCo activity. These results indicated that C band protein was RuBisCo.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026456
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.48 page.221-224 (19940325)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004283647.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 英語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

772 times.


Search
Related Materials in