Back
Cyanidin 3-(2^G-xylosylrutinoside) from Brown-Red Spring Leaves of Acer macrophyllum and Begonia semperflorens Cultivars   :   Acer macrophyllumとBegonia semperflorens 品種の銅赤色葉からのcyanidin 3-(2^G-xylosylrutinoside) の構造決定 

作成者 Ji, Shi-Bao, Yokoi, Masato, Saito, Norio, Ueda, Yoshihiro, Shigihara, Atsushi, Honda, Toshio
作成者 (ヨミ) サイトウ, ノリオ, シギハラ, アツシ, ホンダ, トシオ
作成者の別表記 嵇, 世宝, 横井, 政人, 斎藤, 規夫, 上田, 善弘, 鴫原, 淳, 本田, 利夫
日本十進分類法 (NDC) 471
内容 本研究はこれまでAcerで報告されていないcyanidinn 3-O-[2"-O-(β-D-xylopyranosyl)-6"-O-(α-L-rhamnopyranosyl)-β-D-glucopyranoside] (通称cyanidin 3-xylosylrutinoside) をAcer macrophyllumおよびBegonia semperflorensの品種'F1アンブラ・スカーレット'と'F1アンブラ・ピンク'の銅赤色の春の新葉から単離精製し、その正確な構造をFAB-MSおよび^1H-^1H COSYとDIFNOEを含む^1H-NMR技術によって同定した.その上、このcyanidin 3-xylosylrutinosideのAcerでの分布を調査し、この色素はAcer macrophyllumの主要アントシアニンであることを明らかにした。
Cyanidin 3-O-[2"-O-(β-D-xylopyranosyl)-6"-O-(α-L-rhamnopyranosyl)-β-D-glucopyranoside] has been isolated from brown-red spring leaves of Acer macrophyllum as one of the major anthocyanins and also from the brown-red leaves of Begonia semperflorens cv. F1 Ambra Scarlet and cv. F1 Ambra Pink. The structure was determined by FAB-MS and ^1H-NMR, including ^1H-^1H COSY and difference NOE techniques. This study showed a new distribution of the rare anthocyanin cyanidin 3-xylosylrutinoside in Acer.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026462
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.49 page.13-17 (19950330)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004283663.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 英語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

1147 times.


Search
Related Materials in