Back
紅色非硫黄細菌Rhodopseudomonas sp. No.7の休止細胞によるレブリン酸の分解   :   Decomposition of Levulinic Acid by Resting Cells of a Purple Nonsulfur Bacterium, Rhodopseudomonas sp. No.7 

作成者 奥山, 潔, 篠山, 浩文, 藤井, 貴明
作成者 (ヨミ) オクヤマ, キヨシ, シノヤマ, ヒロフミ, フジイ, タカアキ
作成者の別表記 OKUYAMA, Kiyoshi, SHINOYAMA, Hirofumi, FUJII, Takaaki
日本十進分類法 (NDC) 620
内容 紅色非硫黄細菌Rhodopseudomonas sp. No.7の休止細胞よるレブリン酸の分解が調べられた.休止細胞は, 反応温度30℃から40℃で, pHは7で最大のレブリン酸消費を示した.このレブリン酸の消費は完全に光に依存した.アンチマイシンA, あるいは2-n-ヘプチル-4-ヒドロキシキノリン-N-オキシドはレブリン酸の消費反応を阻害した.本菌の休止細胞を用いたレブリン酸消費反応液中に, 酢酸, アセトン, メチルエチルケトンが検出された.さらに, 亜ヒ酸ナトリウムを加えた反応液中からはピルビン酸が検出された.これらの結果より, 酢酸, アセトン, メチルエチルケトンおよびピルビン酸は, レブリン酸の分解によって生成されたものであると示唆された.
The decomposition of levulinic acid by resting cells of a purple nonsulfur bacterium, Rhodopseudomonas sp. No.7, was examined. The cells showed the maximum consumption of levulinic acid at pH 7.0 and 30-40℃. This reaction was dependent on the intensity of illumination. Both antimycin A and 2-n-heptyl-4-hydroxyquinoline-N-oxide inhibited the consumption of levulinic acid by the cells. When the cells and levulinic acid were incubated under light, acetic acid, acetone and methylethylketone were detected in the incubation mixture. Furthermore, when sodium arcenite was added into this reaction mixture, pyruvic acid was accumulated. These results suggested that acetic acid, acetone, methylethylketone and pyruvic acid were produced by the decomposition of levulinic acid.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026465
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.49 page.29-35 (19950330)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004283666.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

774 times.


Search
Related Materials in