Back
周辺地域との関連からみた団地内オープンスペースにおける児童の遊び利用に関する研究   :   A Study on Children's Play Activities at the Open-space Area in Tajima Housing Estate with the Relation of its Surrounding Area 

作成者 木下, 勇, 中村, 攻, 村田, 昌弥
作成者 (ヨミ) ムラタ, マサヤ
作成者の別表記 KINOSHITA, Isami, NAKAMURA, Osamu, MURATA, Masaya
日本十進分類法 (NDC) 620
内容 まもなく更新計画の村象となり得る郊外型住宅団地として埼玉県浦和市にある公団田島団地をケーススタディーに, 団地内と周辺地域における児童の遊び利用から団地内オープンスペースの果たしている役割を明らかにしようとした.団地開発後, 周辺地域が無計画に市街化し, 学校区が団地内・外にまたがる本ケースは郊外型住宅団地の典型ともいえるが, ここでは, 団地児童が団地外の遊び空間を利用するよりも, 周辺児童が団地内の空間を利用する割合が高く, 団地内のオープンスペースは地域の中で貴重な遊び空間となっていることが明らかになった.その豊かな空間の質を損なうことなく, また周辺に開かれた地域全体のオープンスペース計画の上に位置づいた更新計画を行なうことが望まれる.
In suburban areas, there are housing estates which were built more than 30 years ago and will need rebuilding because they are too old to provide more public houses. But, from this study it was revealed that its open-spaces at the site are playing very important role for the play activities of children not only of the estate but also of its surrounding residents. Then it will be needed to plan the site from the context of open-spaces as a whole residents area by redevelopment project of the housing estate.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026466
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.49 page.37-44 (19950330)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004283667.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

595 times.


Search
Related Materials in