Back
浅間山麓と戸隠山麓に分布するハルニレ林の構造と更新   :   Structure and Regeneration of Ulmus davidiana var. japonica Forest at Mt. Asama and Mt. Togakushi, Central Japan 

作成者 今, 博計, 沖津, 進
作成者 (ヨミ) コン, ヒロカズ, オキツ, ススム
作成者の別表記 KON, Hirokazu, OKITSU, Susumu
日本十進分類法 (NDC) 620
内容 本州中部の浅間山麓と戸隠山麓において, 安定した立地及びやや不安定な立地に成立したハルニレ林の構造を調査比較し, ハルニレ林の更新様式について考察した.1.撹乱のない安定した立地に成立するハルニレ林は, ハルニレが高木層にのみ分布した.一方撹乱の起こる不安定な立地に成立するハルニレ林は, ハルニレが高木層だけでなく亜高木層, 低木層にも分布した.2.ハルニレは樹高成長の速い, 先駆的な樹種特性をもつことが示された.しかし, 典型的な先駆種であるシラカンバ, キハダと比べると, 遷移のより後期にまで侵入, 成長できることがわかった.3.ハルニレ実生は不安定な立地にのみ出現し, 安定した立地には出現しなかった.このことは, 不安定な立地に成立するハルニレ林は継続的に更新していることを示す.4.ハルニレ林が成立する扇状地や河畔などでは, 洪水などの大きな撹乱が断続的に起きる.ハルニレは長い寿命をもつことで, こうした撹乱を更新の機会として待ち続け, 林を維持していると考えられる.
The structure and the regeneration of Ulmus davidiana var. japonica forest was studied at Mt. Asama and Mt. Togakushi, Central Japan. On the stable habitat with no frequent disturbance Ulmus davidiana var. japonica occurs exclusively in the canopy layer, while on the unstable habitat with frequent disturbance it occurs also in the subtree and shrub layers as well as in the canopy layer. It shows rather pioneer tree habit such as fast height growth with low shade tolerance, but its shade tolerance is higher than that of typical pioneer trees of Betula platyphylla var. japonica and Phellodendron amurense. Seedlings of Ulmus davidiana var. japonica occur only on the unstable habitat, where it regenerates continuously. Thus, the regeneration of Ulums davidiana var. japonica depends on the frequency of the disturbances such as flooding in the habitats.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026472
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.49 page.99-110 (19950330)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004283673.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

546 times.


Search
Related Materials in