Back
自然景観における注視領域と印象に関する研究   :   A Study on the Impression and the Eye Gazed Area of Natural Landscape 

作成者 古谷, 勝則, 油井, 正昭
作成者 (ヨミ) ユイ, マサアキ
作成者の別表記 FURUYA, Katsunori, YUI, Masaaki
日本十進分類法 (NDC) 629.1
内容 本研究では, 自然景観を眺望する場合の注視特性を, 眼球運動記録装置を使用して調査すると共に, 自然景観に対する印象に関する面接調査を行った.この様な解析を通して得られた, 注視領域と印象の傾向をまとめると, 以下のようになる.(1)はっきりとしたスカイラインや水際線がある場合, 注視領域がその線上に分布する傾向あった.(2)一目でわからないような, 複雑なものを注視する傾向があった.(3)特徴的な要素, 例えば, 滝の流れや雪がある場合は, 注視領域がそれらの上に分布する写真があり, 印象にも残った.(4)一目でわかるような海, 川については, 注視しないが, 印象に残ることがあった.
We investigated the gaze characteristic of a natural landscape. The eye mark recorder was used for the investigation. Moreover, We investigated the impression of a natural landscape. The results of these investigations are as follows. 1) The testee gazed at the skyline and the waterside line. 2) The testee gazed at the complex one which did not understand in one glance. 3) The testee gazed at a characteristic waterfall and the snow. The waterfall and the snow remained in testee's impression. 4) The testee gazed at neither the sea nor the river which understood in one glance. However, they remained in the impression.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026474
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.49 page.119-130 (19950330)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004283675.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

644 times.


Search
Related Materials in