Back
Relation between Size Fraction Component of Soil and Soil Water Retentivity Especially Water Content in the Green Space Irrigation   :   緑地潅漑における土の粒径成分と保水特性上の含水比との関係に関する研究 

作成者 Yabashi, Shingo, Amemiya, Yu, Takahashi, Satoru
作成者 (ヨミ) ヤバシ, シンゴ, アメミヤ, ユウ
作成者の別表記 矢橋, 晨吾, 雨宮, 悠, 高橋, 悟
日本十進分類法 (NDC) 620
内容 本研究は粒度分析より得られる土の粒径成分と保水特性の関係を調べ、粒径成分から特性上の含水比ならびに含水比差を推定する際の問題点を明らかにした。その結果、近似的にではあるが、「有効水分量」を推定することが可能であることを示した。北海道地区を除く全国60地点の試料を用い、粒度分析ならびに保水特性測定を行い、回帰分析にかけた。特定の水分ポテンシャル(pF)での含水比と粒径成分との関係は、低pFから高pFに向かって相関が良くなり、その改善はpF2前後で急に良くなる。このことは、低pF水分保水に様々な変動要因が含まれていることを示唆する。一方、粒径成分中、もっとも相関の良かったものは、砂分であり、その値は約0.8まで達した。一方、特定のpF域における水分量差と砂分との相関は、もっとも良い相関の場合でも0.6程度であった。すなわち、水分量差の場合は、水分量自体の推定に比べ相関が悪くなることに注意しなければならない。含水比そのものの推定より、相関が悪くなるが、得られた回帰分析結果は一元配置の分散分析によって1%の有意水準で有意である。土の有効水分量には目的に応じて、また国によって様々なポテンシャル範囲を採用している。本研究の成果によれば、できるだけ高pFの範囲に定義される水分量差が採用できる場合には相関がよくなる。砂分を基本とした推定が可能になるということは砂分以外の細粒分と保水性ならびに水分量差あるいは有効水分との相関が良いということであり、その量の決定に当たっては簡単な篩別分析によってこれらの量が決定可能ということである。したがって、現場における簡便な有効水分の決定が可能になることを意味
This paper explains the method to estimate the soil water retentivity or the available water capacity by using a sand mass fraction measurement which can be easily achieved by sieving. The regression analysis on 60 soil samples in Japan showed the wetness on retentivity curve can be estimated from the size fraction component of soil. Among the size fraction component of soil, the best relation was obtained with sand, correlation coefficient being 0.8. When the wetness was over pF 2.5, an improvement of relation was observed with every soil size fraction. On the other hand, the wetness differences at several pF ranges versus soil size fraction relationship was examined and the best correlation coefficient was 0.6, which was worse than that obtained in wetness estimation. The factor that deteriorates the relation seems to be included in the low pF soil water range. Nevertheless, since the relations were statistically significant upon the analysis of variation at 1(null)ignificance, the results of this study are applicable for the simple estimation of available water capacity in situ.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026476
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.49 page.143-148 (19950330)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004283677.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 英語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

783 times.


Search
Related Materials in