Back
Determinants of Labor Intensity in Rice Farming in Sri Lanka   :   スリランカ稲作における労働集約度の規定要因 

作成者 Ishigaki, Noriko, Sugimoto, Yoshiyuki, Kikuchi, Masao
作成者 (ヨミ) イシガキ, ノリコ, スギモト, ヨシユキ
作成者の別表記 石垣, 典子, 杉本, 義之, 菊池, 真夫
日本十進分類法 (NDC) 620
内容 スリランカの稲作の著しい特徴は, 労働集約度に地域間で大きな格差が存在することである。本稿では, 県別データより稲作における労働需要関数を計測することにより, この格差を規定している要因を検討した.計測結果は, 農家によって採用されている稲作技術のタイプの地域間における偏りと灌漑条件の差異が, 労働集約度の地域間格差をもたらしている主要な要因であることを確証するものであった.さらに, 地域間賃金率格差も重要な規定要因であることが見出された.農民の技術選択が過去の賃金率の水準に大きく依存しているであろうことを考慮すれば, 恒存する地域間賃金格差こそが, 労働集約度の著しい地域間差異を生じさせている主因であると考えられる.
Enormous regional differences in labor intensity, which characterize rice farming in Sri Lanka, are explored by estimating labor demand function in rice production using district level data. We find that regional variations in the type of technology/techniques adopted, by farmers and in the provision of irrigation are major factors that bring about the regional diversity, in labor intensity. Our analysis also confirms, contrary to the popular belief in the country, that the wage rate is an important factor that determines the level of labor intensity. Since the choice of technology/techniques should have been dependent to a large extent on the levels of wage rate in the past, we argue that persistent regional wage differentials, which could be considered as a symptom of the underdeveloped labor market, should be responsible for the incidence of huge diversity in labor intensity across the districts in Sri Lanka.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026482
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.49 page.201-205 (19950330)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004283683.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 英語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

676 times.


Search
Related Materials in