Back
生育ステージの違いによるタマナギンウワバ(鱗翅目:ヤガ科)のタンパク質変異   :   Electrophoretic Patterns of Proteins in Various Stages of Autographa nigrisigna (Lepidoptera: Noctuidae) 

作成者 野村, 昌史, 上原, さとみ
作成者 (ヨミ) ノムラ, マサシ, ウエハラ, サトミ
作成者の別表記 NOMURA, Masashi, UEHARA, Satomi
日本十進分類法 (NDC) 620
内容 発育に伴う生物体の生理的変化を知るために, 卵, 幼虫, 蛹, 成虫と劇的な変化を経る完全変態昆虫のタマナギンウワバ(鱗翅目:ヤガ科)を用い, そのステージごとのタンパク質およびエステラーゼの泳動パターンの差異について, 日齢ごとの変化も加味して検討した。タンパク質, エステラーゼともに, 卵, 幼虫, 成虫期の3つの泳動パターンがあるように思われた。幼虫および成虫期についてはともに日齢による変化は判然としなかったが, 蛹では日齢が進むにつれて, その泳動パターンが幼虫型から成虫型に変化した。本種の場合では発育によってそのタンパク質組成にも変動がみられるが, 同一ステージの期間中は比較的安定していると推察され, カイコで行われた結果と若干異なった。また蛹のステージは幼虫から成虫に変化する時期なので, 電気泳動を行う場合には注意を要する事が考えられた。
Electrophoretic patterns of general proteins and esterases of Autographa nigrisigna as holometabola insect (Lepidoptera: Noctuidae) were examined in various developmental and adult stages using native polyacrylamide gel electrophoresis. The patterns of major bands of general proteins and esterases were divided into three types characteristic to egg, larval and adult stages, respectively. There are few day-old-development changes in the pattern among individuals in larval and adult stages. On the other hand, the pattern of pupae shifted from the larval to adult types when time passed. These results suggested that physiological conditions of A. nigrisigna were stage development and relatively stable during each stage except the pupa.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026493
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.50 page.27-34 (19960329)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004283706.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

620 times.


Search
Related Materials in