Back
緑地デザインにおける思考プロセスに関する研究(その1) : フォルムの分解   :   A Study on Cognitive Process in Design for Green Space (1) : The Form Spreading Out 

作成者 章, 俊華, 白井, 彦衛
作成者の別表記 ZHANG, Jun Hua, SHIRAI, Hikoe
日本十進分類法 (NDC) 620
内容 本論文は, 緑地デザインにおける思考プロセスに関する選定された要素の展開の研究である。今までになされた研究によれば, 要素の展開は概ね次の3つの立場に分かれている。(1).デザインを直観的創造的な行為とする観点。(2).デザインの行為を科学的計量的な手順とする観点。(3).デザイン対象の内容が操作される情報をフローとする観点。ここでは, 上記の(2)を主体としながら, 現象イメージの認定, 部分の抽出, 部分の展開と部分の組合せ, この4つの段階で, 限定された部分のパターンのみを前提条件とし, あらゆる可能性を検討した。デザイナーが自分で行う決定のすべてに対して, 納得のいく理由を与えることができないとしても, デザイン行為を説明することは可能と考えられる。
Being part of the cognitive process in environmental design, the research on the factors spreading out in the design process mainly is directed into the following three methods: 1. design behavior based on create thinking, 2. design behavior based on implementation procedure, and 3. design behavior based on the state of objects. This study deals with the design based on impleopmention procedure as a fundamental procedure in the development of cognitive process. The study was conducted in four steps: using the imagination in designing the forms of objects, separating the objects into rough groups, arranging the separated objects into specific factors, and fimally, rearranging some specific objects into new forms. The objective of the study is to explore more rational, scientific spreading processes in order to make the design process more open.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026497
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.50 page.59-64 (19960329)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004283710.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

586 times.


Search
Related Materials in