Back
緑地デザインにおける思考プロセスに関する研究(その2) : 曲池勝春園におけるケーススタディ   :   A Study on Cognitive Process in Design for Green Space (2) : Case Study in "Spring Pond Garden" 

作成者 章, 俊華, 白井, 彦衛
作成者の別表記 ZHANG, Jun Hua, SHIRAI, Hikoe
日本十進分類法 (NDC) 620
内容 緑地デザインの展開過程において, 限定された構成要素を, 重複順列の法則を用いて, すべての組合せを求め, その生成案と構成要素の特徴を明らかにした.また, 多要素評価モデルを用いて, 各生成案の総合評価値が得られたことにより, 生成案の特徴と総合評価値の関係を検討した.その結果, 「芝生・高木・低木」の植栽, 「曲線整形式」の広場と「曲線」の園路の生成案は高い評価値を得る傾向があり, また, 「芝生のみ」の植栽, 「幾何整形式」の広場と「直線」の園路の生成案は低い評価値を得る傾向があることが分かった.
The explosion of design for green space, for the grasping of formation and the characteristics of elements, repetitive sequence law is used for seeking all possible assemblies for the elements extracted, meanwhile multiple elements are used to evaluate the model. According to the overall value of evaluation after the formation of various assemblies sought, review the characteristics of elemants and the relation-ship with the overall value of evalution. The result indicates, that the formation comprising of lawn, tall tree, low tree, curved square, curved pathway has a higher inclination of evaluation and the formation comprising of single lawn, geometric square, and linear pathway has a lower inclination of evaluation.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026498
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.50 page.65-70 (19960329)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004283711.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

565 times.


Search
Related Materials in