Back
コンテナ栽培におけるユリノキ幼齢木の伸長期間および樹形に関する研究   :   Elongating Period and Tree Form of Container : Planted Tree of Liriodendron tulipifera L. 

作成者 籔内, 久士, 藤井, 英二郎, 中山, 敬一, 小川, 吾郎, 河村, 止
作成者 (ヨミ) ヤブウチ, ヒサシ, ナカヤマ, ケイイチ, オガワ, ゴロウ, カワムラ, トドム
作成者の別表記 YABUUCHI, Hisashi, FUJII, Eijiro, NAKAYAMA, Keiichi, OGAWA, Goro, KAWAMURA, Todomu
日本十進分類法 (NDC) 620
内容 コンテナで生育したユリノキの伸長期間, 樹形を検討するため, 園芸学部構内にコンテナの形状(6種類)・材質(不織布, 塩化ビニル), 用土(関東ローム, 培養土2種類)の組み合わせによる14実験区を設定し, 1992年5月上旬に3年生ユリノキを植え付け, 1992年5月〜1994年10月に主幹と全枝の伸長量の季節変化と枝の着生位置を測定した.各実験区の伸長開始時期に差はないが, 不織布製で容積の小さい実験区では主幹と1次枝の伸長期間は他より短く, また樹高に対する相対的な樹冠幅は容積の大きい実験区に比べ小さかった.塩化ビニル製では容積の大きな実験区においても伸長期間が短く, それはコンテナ内の高温障害によるものと考えられた.
We investigated the elongating period and the tree form of young trees of Liriodendron tulipifera L. for about three years, which were planted in containers differing in its volume, material and soil. The elongating periods of trunk and primary branches in smaller containers were reduced compared to larger containers, and the ralative width of crown to the tree height in smaller containers was less than in larger containers. Moreover, the elongating period in chloride containers was shorter than in nonwoven fabric containers owing to the growth inhibition by higher soil temperature.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026506
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.50 page.149-154 (19960329)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004283719.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

544 times.


Search
Related Materials in