Back
愛知用水事業の経済効果 : 工業用水の便益   :   Economic Effects of Aichi Water Service Project : the benefit of water for manufacturing use 

作成者 杉本, 義行
作成者 (ヨミ) スギモト, ヨシユキ
作成者の別表記 SUGIMOTO, Yoshiyuki
日本十進分類法 (NDC) 620
内容 本稿では, プロジェクト評価法の一つである残差評価アプローチによって愛知用水における工業用水の経済価値を事後的に評価した.推計結果によると, 受水地域における用水の経済価値は, 昭和60年固定価格の実質値でみると, 年によってバラツキがあるものの, 年平均で488億円〜613億円である.計測期間(昭和36年〜昭和62年)の27年間では用水の便益の総計は1兆3, 176億円から1兆6, 551億円にものぼっている.他の用途である農業用水や上水の経済効果と比較すると年平均(実質)で, 農業用水が12億円, 上水が157億円であって, それらと比較してみても工業用水の便益がきわめて大きいものであることが確認できる.本来, 農業用水の利用を主たる目的とした愛知用水事業であったが, 高度経済成長とともに工業部門(特に受水地域に立地する化学, 鉄鋼業)が急速に発展することにより, 工業用水としての重要性が増していった事実を事後的評価を通じて定量的に裏付けることができた.
In this paper, we estimate the economic benefit of water service for manufacturing use in Aichi water service project which was one of big projects after World War II, using the residual evaluation approach. The results show that the average benefit per year amounts to 49-61 billion yen during 1961-87, although the estimated benefit in each year varies significantly. Since the benefits from agricultural use and from domestic water use are estimated to be 1.2 billion yen and 16 billion yen, respectively, we can confirm that the benefit from manufacturing use is rather higher among the benefit from other uses.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026514
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.50 page.203-210 (19960329)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004283727.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

633 times.


Search
Related Materials in