Back
ミズゴケの微地形分布とニッチ   :   The Distribution of Sphagnum Mosses along Microtopographic Gradients and the Niche Theory 

作成者 上野, 健, 沖津, 進
作成者 (ヨミ) ウエノ, タケシ
作成者の別表記 UENO, Takeshi, OKITSU, Susumu
日本十進分類法 (NDC) 620
内容 1.北半球に広く分布しているミズゴケについて, 分布と微地形に関する研究をいくつか紹介し, ニッチの観点から微地形分布を検討した.2.湿原における微地形は, hummock, lawn, hollowに分けられる.ミズゴケはこの微地形に対応して分布し, 節という分類群レベルでは北半球を通じて共通していた.3.Hummock-hollowの微地形は微環境の違いをもたらし, hummockの方がより乾燥しており, より酸性度が高い.酸性度の変化は, ミズゴケのもっている陽イオン交換能力のちがいによるものであり, 陽イオン交換能力が高いほどその生育環境の酸性度が高くなる.hummockに分布する種は乾燥に強く, 陽イオン交換能力が高い.lawn, hollowに分布する種ほど乾燥に弱い.4.ニッチには基本ニッチと実由ニッチがあり, 微地形に沿って分布しているミズゴケのそれぞれの生育地は, 互いに何らかの影響を与えあった実現ニッチのニッチ空間である.ミズゴケの微地形分布は, かなり抽象的なニッチの概念を目にみえる形で我々に提示している.
The distribution of Sphagnum mosses along microtopographic gradients was reviewed with reference to the difference among taxa of section, and the results were discussed from the viewpoint of the Hutchinson's niche theory. Sphagnum mosses usually occur according to the microtopography, such as hummock, lawn and hollow: Sphagnum sect. Acutifolia (sometimes also sect. Sphagnum) mostly grows in hummocks, Sphagnum sect. Sphagnum (sometimes also sect. Cuspidatum) in lawns, and Sphagnum sect. Cuspidatum in hollows. This phenomenon is observed very commonly around the Northern Hemisphere. The distribution of Sphagnum mosses along microtopographic gradients seems to be a good example of the visible aspect of "the realized niche" of the Hutchinson's niche theory.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026519
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.50 page.249-255 (19960329)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004283732.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

930 times.


Search
Related Materials in