Back
An Interpretation of the Present Range of Distribution and Dispersal of Ochrosia oppositifolia (Lam.) K. Schum. (Apocynaceae) in the Philippine Beach Forest   :   フィリピンの海岸林に生育するOchrosia oppositifolia (Lam.) K. Schum.(キョウチクトウ科)の現在の分布範囲と散布様式についての考察 

作成者 Jr., Inocencio E. Buot, Okitsu, Susumu, Aguilar, Norma O.
作成者 (ヨミ) オキツ, ススム
作成者の別表記 沖津, 進
日本十進分類法 (NDC) 620
内容 フィリピンの海岸林に生育するOchrosia oppositifolia (Lam.) K. Schum.(キョウチクトウ科)の現在の分布範囲を明らかにし, 散布様式を検討することで分布の成立過程を議論した.シマソケイ; O. oppositifoliaはマレーシアから太平洋諸島を中心に広く分布するが, フィリピンでは西部のバシラン島とミンダナオ島西部のザンボアンガ半島およびルバング島の3カ所に限って分布する.このような分布様式から, 植物はフィリピンには西マレーシアから渡ってきたものと考えられる.果実の形態などから, この植物は海流による散布で長い距離を移動可能といえる.それにも関わらずフィリピンでの分布域が限定されていることから, 西マレーシアから比較的最近渡ってきたものと考えられる.そのような植物には他にArtocarpus superba Beccari, Mallotus miquelianus (Scheff.) Boere., Mezoneurum sumatranum (Roxb.) W. et A.などがある.更新世から完新世にかけて存在したと推定されているボルネオーパラワン陸橋とボルネオースル陸橋が海岸伝いの回廊の役割を果たし, そこを通ることによって, フィリピンへの移動がかなり容易になったものと推定される.
The Philippine populations of Ochrosia oppositifolia (Lam.) K. Schum. (Apocynaceae) are restricted only to three localities in Western Philippines: Basilan Island, Zamboanga Peninsula and Lubang Island, Occidental Mindoro. Such range of distribution indicates that the Philippine populations may have originated from Western Malesia region where the plant is widely distributed. The fruit morphology of this plant suggests hydrochore dispersal with long dispersal ability. However, the limited range of distribution of O. oppositifolia in the Philippines implies that the species is possibly a late emigrant into the Philippine Islands with the other species from Western Malesia such as Artocarpus superba Beccari, Mallotus miquelianus (Scheff.) Boere., Mezoneurum sumatranum (Roxb.) W. & A. and others. The presence of the postulated Borneo-Palawan and Borneo-Sulu land bridges during the Pleistocene (1.6 million years B. P.) and the Recent (10 thousand years B. P. ) may have greatly aided plant dispersal by serving as corridor and temporary habitat of plants during the course of migration to the Philippine Archipelago.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026532
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.51 page.119-126 (19970328)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004283757.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 英語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

815 times.


Search
Related Materials in