Back
ヘドロの利活用 : I.物理的性質   :   Study on the Utilization and Application of Hedoro Soil : I. Physical Properties of Hedoro Soil 

作成者 矢橋, 晨吾, 武藤, ゆり, 玉津, 智広, 金, 原台, 高橋, 悟, 渡邊, 文雄
作成者 (ヨミ) ヤバシ, シンゴ, ムトウ, ユリ, タマツ, トモヒロ, タカハシ, サトル, ワタナベ, フミオ
作成者の別表記 Yabashi, Shingo, Muto, Yuri, Tamatsu, Tomohiro, Kim, Wontae, Takahashi, Satoru, Watanabe, Fumio
日本十進分類法 (NDC) 620
内容 ヘドロは場所によって構成成分・性質にかなり大きな差が見られる.ヘドロが堆積すると停滞水の腐敗や流水阻害等種々の問題が生じるため, 必要に応じて浚渫を行わねばならない.しかし, 浚渫土の処理もまた重要な課題である.本報では4種類のヘドロを対象として, 基本的物理性を取り上げて検討した.自然状態のヘドロは超軟弱ではあるが脱水・乾燥に伴って質的に大きく変化し, 再び水浸しても元の状態には戻らないこと, すなわち, 密度並びに強度の増加が期待される.物理性の検討より得られた結果は以下に要約される.1.土粒子密度は強熱減量と深い関係があり, 強熱減量が大きいほど土粒子密度は小さくなっている.2.ヘドロは堆積場所によって粒度組成が大きく異なる.3.粗粒分の多い土である網走湖(A)のLL・PLが最大値を示しているがこれたは有機物含有量が大いに関与しているものと考える.4.ヘドロは, 土のコンシステンシー, 沈降体積並びに水分特性において, 生土からの乾燥に伴う質的変化, すなわち不可逆性が大いに認められる.
This study was practiced to obtain fundamental data for the improvement of hedoro (muddy sediment) which are widely existing in lowland of Japan. In this paper, we investigated the physical properties of four kinds of hedoro. They were Kawasaki (K) and Haneda (H) hedoro existing under seawater, Abashiri hedoro existing under brackish water and Matsue hedoro existing under pure water. 1. Soil particle density has a close relationship with the ignition loss and the larger the latter, the smaller the former. 2. There are large variations in the grading of hedoro among the samples collected from the different places. 3. The liquid limits (LL) and plastic limits (PL) of Abashiri hedoro (A) including much coarse grains reported the highest value among the four different hedoro and were influenced by ignition loss to a considerable degree. 4. The drying process caused an irreversible effect on the measurement regarding consistency, sedimentation volume and water retentivity of hedoro.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026538
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.51 page.167-172 (19970328)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004283763.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

685 times.


Search
Related Materials in