Back
A Synthetic Pyrethroid Found as the Active Ingredient of "Nurse Green", a So-called Natural-Plant Extract-Formulation Used for Organic Agriculture   :   有機農業用資材として用いられるいわゆる天然起源植物抽出液製剤「ナースグリーン」から有効成分として検出された合成ピレスロイド 

作成者 Rahman, G. K. M. Mustafizur, Motoyama, Naoki
作成者 (ヨミ) モトヤマ, ナオキ
作成者の別表記 本山, 直樹
日本十進分類法 (NDC) 620
内容 いわゆる天然起源植物抽出液製剤「ナースグリーン」は, イエバエの殺虫剤感受性および有機リン剤抵抗性系統に対して顕著な殺虫活性を示した.しかし, ピレスロイド剤抵抗性系統に対する活性は著しく低く本剤の中にピレスロイドが含有されている可能性を暗示した.ナースグリーンの活性成分を分離精製してGC-MSで分析したところ, 保持時間(RT)13.83minのピークはサイパーメスリン標準品およびサイパーメスリンを有効成分とするアグロスリン乳剤のピークと一致した.このピークのマススペクトルはサイパーメスリン標準品と同じフラグメンテーションパターンを示し主要フラグメントとしてm/z 209, 181, 163, 127, 91, 77および52が得られた.分子イオンピークは検出されなかったものの, これらの結果は天然起源植物抽出液製剤と称する「ナースグリーン」に合成ピレスロイドであるサイパーメスリンが含まれていることを示した.光学活性カラムを用いたHPLC分析では「ナースグリーン」活性画分はサイパーメスリンの8つのアイソマーから構成されており, すでに報告されている別の天然起源植物抽出液製剤「夢草」から検出された4つのアイソマーとは異なることを示した.これらの結果は「ナースグリーン」に混入されたサイパーメスリンが「夢草」に混入されたサイパーメスリンとは異なることを示唆した.「ナースグリーン」に含まれるサイパーメスリン濃度は1.5%と推定された.
"Nurse Green", a so-called natural-plant extract-formulation (NPEF), showed a good insecticidal activity against a susceptible as well as an organophosphate resistant strains of the housefly. However, the activity against a pyrethroid resistant strain was extremely low, implicating the presence of a pyrethroid in the formulation. When the partially purified active fraction of "Nurse Green" was subjected to a GC-MS analysis, a peak detected at the retention time (RT) 13.83min, coincided with that of standard cypermethrin and Agrothrin-EC^<[○!R]> of which the active ingredient is cypermethrin. Mass spectra of this peak gave the same fragmentation pattern as that of cypermethrin, characterized by the major fragments with m/z 209, 181, 163, 127, 91, 77 and 52. Although no molecular ion was detected, these results clearly demonstrated the presence of cypermethrin "a synthetic pyrethroid" in the NPEF. A HPLC analysis using a chirally active column of the partially purified active fraction of "Nurse Green" showed cypermethrin consisted of eight isomers, in contrast to four isomers previously found with another NPEF "Muso". The results suggest that cypermethrin added to "Nurse Green" is different from that added to "Muso". The concentration of cypermethrin in "Nurse Green" was estimated to be 1.5%.0

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026548
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.52 page.7-12 (19980331)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004283937.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 英語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

858 times.


Search
Related Materials in