Back
有機農業用資材「ニュームシギエ」の殺虫活性と有効成分   :   Insecticidal Activity and the Active Ingredient of "New Musigie", a Formulation Used for Organic Agriculture 

作成者 駒形, 修, 本山, 直樹
作成者 (ヨミ) コマガタ, オサム, モトヤマ, ナオキ
作成者の別表記 Komagata, Osamu, Motoyama, Naoki
日本十進分類法 (NDC) 620
内容 害虫防除用漢方農薬, 「ニュームシギエ」はイエバエ, チャバネゴキブリ, モモアカアブラムシ, コナガ, ナミハダニの殺虫剤感受性系統に対して高い殺虫活性を示したが, 前2種のピレスロイド剤抵抗性系統に対する殺虫活性は著しく低かった.GC質量分析計を用いた分析では, 本剤には多数の成分が含まれていることが確認されたが, その中の成分の1つ(RT19.4min)はマススペクトルの解析から, 合成ピレスロイド殺虫剤デルタメスリンであり, その濃度は約0.5%と推定された.「ニュームシギエ」とデルタメスリン標準品の殺虫剤感受性イエバエに対するLD_<50>値の比較から, 本漢方農薬にはデルタメスリン以外には高い殺虫活性を示す成分は含まれていないと判断された.
"New Musigie", a so-called Chinese medicine, or natural-plant extract-formulation (NPEF), used for insect control, exhibited a remarkable toxicity against insecticide-susceptible strains of the housefly, the German cockroach, the green-peach aphid, the diamond-back moth and the two-spotted spider mite, while its toxicity was extremely low against pyrethroid-resistant strains of the former three insect species. A gas chromatography-mass spectrometry (GC-MS) analysis revealed the presence of numerous components in the formulation, one of which was identified as deltamethrin, a synthetic pyrethroid. The concentration of deltamethrin estimated was 0.5%.0 A comparative evaluation of LD_<50> values of "New Musigie" and deltamethrin standard denied the possible presence of other insecticidally active components in the so-called Chinese medicine.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026549
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.52 page.13-16 (19980331)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004283938.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

840 times.


Search
Related Materials in