Back
帯笑園における鉢物献上について   :   Potted-plant-giving and Reciprocity in Taishoen Garden 

作成者 小野, 佐和子
作成者の別表記 Ono, Sawako
日本十進分類法 (NDC) 620
内容 駿河原宿植松家の家園帯笑園について, 大名を中心とする貴顕の訪問とそこでの献上品拝領品について, 贈答のありようとその特徴をあきらかにした.その結果, 貴顕の帯笑園訪問は, 先例や先規に従う儀礼性を有しており, 拝謁や名前呼び立てといった行為で訪問者の権威を植松家に分有させた.訪問者には所望により斑入りや枝変わり, あるいは舶来の珍しい鉢植が贈られ, 返礼として, 書画・工芸品といった品物や金銭が植松家にもたらされた.献上後すぐ返礼がなされることもあるが, 年数が経てからの返礼もあり, それは, 訪問者との間の関係が継続的であることによる.継続性は通行の度に庭を訪れることにより維持される.庭での交歓が品物の贈答の背景にある.返礼として植松家が望んだのは書画や工芸品であり, 植松家は代料を受け取らないとする家憲により, 園内の草木を市場交換の外に置き, 返礼が品物, 特に書画や工芸品でなされることを期待した.献上は, 時に「御用」ととらえられ, 公的性格を帯びることがあった.
This paper deals with the potted plants as gift that presented to visitors in Taishhoen garden owned by the Uematsus in the late Edo period. Rare precious potted plants were presented feudal lords and other high officials of central government when they visited Taishoen garden on the way of official trip on the Tokai Highway. After their visit, they sent gift in return to the Uematsus for their presentation and hospitality. Findings are: 1. The visit by men of rank was a kind of ceremony and it gave honor to the Uematsus. 2. The Uemtsus decided not sell their plant collections but presented as visitor's request. Consequently, they gained many fine paintings, calligraphies and craftworks as gift in return. 3. Occasionally potted-plant-giving was regarded as a public affair to make a good relationship with the government officials.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026551
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.52 page.25-32 (19980331)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004283940.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

521 times.


Search
Related Materials in