Back
愛知県におけるアグリツーリズムの趨勢とその評価に関する研究   :   A Study on the Present Situation of "AGRICULTURAL TOURISM" and its Evaluation; A Case Study in AICHI Prefecture 

作成者 齋藤, 雪彦, Nakamura, Osamu, 木下, 勇
作成者 (ヨミ) サイトウ, ユキヒコ
作成者の別表記 Saito, Yukihiko, ナカムラ, オサム, Kinoshita, Isami
日本十進分類法 (NDC) 611.77, 689
内容 本編では, 愛知県におけるアグリツーリズムについて, 512事例に対する文献調査とヒアリング調査により趨勢の検証を行い, 6事例に対するヒアリング調査により地域振興に果たす役割を評価することを試みた.分析の結果, 以下の点が明らかになった.まず第一に, 愛知県においては都市部・都市近郊部での市民農園型, 都市近郊部を中心とした農業体験型が大勢を占めることが分かった.また生産空間の直接的な保全, 休耕地等の有効活用, 地域農業に対する販売価格の高水準化・安定化と粗放化による労働量の減少が可能な販路の提供や需要の創出と多角化, 地域の雇用や交流空間・アメニティ空間の創出等の地域振興に役割を果たしていることが明らかになった.さらに施設経営という側面から見ると, 観光農園においては販売価格の高水準化・安定化, 粗放化による必要労働力の減少, 固定客の形成等, 農業経営に比して有利な側面を持つことが明らかになった.
This paper aims to clarify the present situation of "AGRICULTURAL TOURISM" and its evaluation as a rural encouragement method in AICHI Prefecture. As a result, the following points were made clear: 1) "AGRICULTURAL TOURISM" plays various roles in rural encouragement: such as (1) the preservation of farming fields, (2) the development of consumers' demand for agricultural products, (3) the diversification of the productive management, (4) the creating new employment, and (5) the creation of communication and recreation spaces for the inhabitants and the tourists. 2) In the economic management aspect, compared with ordinary farm, "tourist-farm" has some superior aspects: such as selling agricultural products with higher prices, and decreasing labor hours by adopting more extensive productive system.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026558
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.52 page.103-113 (19980331)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004283947.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

603 times.


Search
Related Materials in