Back
朝鮮時代の儒学者・尹善道の甫吉島芙蓉洞庭園に関する研究   :   Studies on the Spatial Composition of Yun Seundo's garden in Puyongdong 

作成者 金, 眞成, 藤井, 英二郎, 白, 志星
作成者の別表記 Kim, Jin-seung, Fujii, Eijiro, Back, Ji-soung
日本十進分類法 (NDC) 620
内容 本論は朝鮮時代中期の儒学者・尹善道(孤山)が造営した庭園の構成を現況や史料を基に検討し, その特徴とそこにみられる思想について考察することを目的とした.党争が激しかったその時代, 孤山が隠遁地として選んだ芙蓉洞は, 彼にとって神仙世界であり, 朱子を思わせるところでもあったと考えられる.孤山は, また住まいとした樂書齋を風水上の主山・格紫峯の北麓に定め, それを中心に案山や内龍, 内虎を定めていた.したがって, その空間構成は風水論に基づくと同時に朱子に倣ったものであったと言うことができよう.
We studied the spatial composition of Puyongdong, based on the present situation by survey and the analysis of related historical literature. In this place, Yun Seun-do (Kosan), an outstanding confucian in Chosen period had spent a secluded life for many years. Its spatial composition is considered to be fundamentally based on the two ideas; Pungsu theory and the doctrines of Zhuzi. His seclusion space in Puyongdong is quite different from that space of so-called INNSEI in Japan, i. e. it contains educational character.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026560
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.52 page.123-130 (19980331)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004283949.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

686 times.


Search
Related Materials in