Back
仮想評価法による農地の経済的評価 : 千葉県を対象として   :   Valuing Farmlands by Applying the Contingent Valuation Method : An Empirical Study in Chiba Prefecture. 

作成者 丸山, 敦史
作成者 (ヨミ) マルヤマ, アツシ
作成者の別表記 Maruyama, Atsushi
日本十進分類法 (NDC) 620
内容 千葉県下の世帯を対象としたアンケート調査により収集されたデータを用い, 仮想市場評価法(CVM)よる農地の経済的評価を行った.付け値関数の推計には, まだ実証分析への適用例の少ないMcFaddenモデルを採用した.用いた特性変数は, 世帯員数(人), 主たる所得者の年齢(7段階)と職業ダミー, 世帯のある市町村の人口密度(人/Km^2)の4つで, WTPは人口密度が高いほど低くなり, 世帯員数が多いほど高くなる傾向があることが示された.(期待)WTPは一世帯当たり年間3.59千円から6.71千円と相対的オーダーにおいて既存の研究と矛盾のない結果が得られた.
This study evaluates the value of economic benefits of farmlands by applying the Contingent Valuation Method (CVM) based on questionnaire data of households in Chiba Prefecture. The estimated Willingness To Pay (WTP) per household per year for preserving farmlands at current level is 3.59-6.71 thousand yen, which is comparable to other studies. The McFadden model, which unlike other open-ended models, treats income as the dependent variable, is used to estimate bidding functions which address the structure of consumer behavior within the CVM framework. The results illustrate the negative relation between population density and WTP, the positive relation between family size and WTP, among others.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026566
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.52 page.177-186 (19980331)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004283955.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

563 times.


Search
Related Materials in