Back
富士箱根伊豆国立公園における芦ノ湖埋立園地の成立と変遷   :   Development and transition of reclaimed land in southern shores of Lake Ashinoko in Fuji-Hakone-Izu National park 

作成者 古谷, 勝則, 油井, 正昭, 赤坂, 信, 岡本, 里絵
作成者 (ヨミ) ユイ, マサアキ, オカモト, リエ
作成者の別表記 Furuya, Katsunori, Yui, Masaaki, Akasaka, Makoto, Okamoto, Rie
日本十進分類法 (NDC) 629
内容 本研究は, 芦ノ湖南岸の埋立地に整備されている元箱根園地と箱根園地を対象に, 埋立園地の成立と変遷を明らかにした.明治期から観光地として名をはせてきた芦ノ湖は, 民間企業によって開発と占有がなされてきた.1950年代に湖岸に園地が計画された時点で, 園地を築けるような公共空間は失われていた.そこで, 公共空間を得るための手段として「埋立」という行為がおこなわれたのである.元箱根園地と箱根園地は, 園地を築くための土地を取得することに長い年月をかけ, 様々な工夫と努力がなされてきたことがわかった.そして, 元箱根園地と箱根園地の違いは, 土地の取得方法と埋立事業者である.土地の取得方法は, 元箱根園地が埋立と借地であり, 箱根園地が埋立と買収・交換である.埋立事業者は, 元箱根園地が国と県, 特許事業者の3者であるのに対し, 箱根は県のみである.対象園地, 特に元箱根園地では, 園地整備に当たって民間企業を排除するのではなく, 公共団体と民間企業とが協力して園地を築いてきたことは, 国立公園指定以前から既に観光地であった箱根の開発の特徴である.
This paper clarifies development and transition of reclaimed land where Motohakone site and Hakone site are in Fuji-Hakone-Izu National park. Motohakone site and Hakone site are the park facilities constructed on reclaimed land in southern shores of Lake Ashinoko. Ashinoko area has been famous as a resort and developed from the Meiji era. There were already no government spaces when those sites were planned on southern shores in 1950's. Therefore, acquisition and reclamation of the land took long years. And differences between Motohakone site and Hakone site are as follows: 1) the ways of acquiring land, 2) who reclaimed the land. 1) In Motohakone site, the ways were reclamation and lease. In Hakone site, the ways were reclamation, purchase and exchange. 2) In Motohakone site, the reclamations was done by nation, prefecture and concessionaire. In Hakone site, the reclamation was done by prefecture. Thus, it is characteristic that those sites have been developed by public organizations and private sectors in cooperation.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026577
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.53 page.59-74 (19990331)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004283791.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

675 times.


Search
Related Materials in