Back
ケヤキ幼齢木の根系に及ぼす踏圧の影響に関する実験的研究   :   Experimental Studies on the Influence of trampling to the Root System of Young Tree of Zelkova serrata MAKINO 

作成者 寺島, 悦子, 藤井, 英二郎, 三島, 孔明
作成者 (ヨミ) テラシマ, エツコ, ミシマ, コウメイ
作成者の別表記 Terashima, Etsuko, Fujii, Eijiro, Mishima, Komei
日本十進分類法 (NDC) 623, 613.5
内容 踏圧面積の異なる3つの踏圧区と無踏圧の対照区を設定し, 3年生ケヤキに対する踏圧の影響を実験的に検討した.関東ロームを用土として直径2m, 深さ60cmの地中埋め込み型コンテナにポット苗を植え付け, 3週間後から約4ヶ月間踏圧をかけた後, ブロックサンプリング法によって根系分布を調べ, また全体を掘り上げて4方位ごとの根量を細根, 小径根, 中径根に区分して計測した.踏圧による土壌物理性の変化は深さ0〜20cmまでであり, とりわけ深さ0〜5cmで顕著であった.根の太さごとの乾重をみると, 全踏圧区では対照区よりも小径根が少ない傾向がみられた.また, 1/2踏圧区と1/4踏圧区において踏圧部と無踏圧部で4方位区分ごとに細根/小径根を比較すると, 後者の方がその値が低く, 踏圧によって細根の発達が抑制されたと考えられた.踏圧部においても細根は分布していたが, 長さが短く, 特に深さ0〜5cmでその傾向が顕著であった.これらのことから, 踏圧はまず細根の伸長と肥大を抑制し, 結果的に小径根の量を制限すると考えられる.
We planted three years old seedlings of Zelkova serrata MAKINO in the container buried in the ground, and trampled the surface differing in area, i. e., all, half, quarter, and control. The deterioration of physical properties of soil by trampling were up to 20cm in depth, especially up to 5cm. The dry-weight of medium root tends to be lighter in the all-area trampled container than the control. The dry-weight ratio of fine root to medium root tends to be less in trampled part than un-trampled in a half-area and a quarter-area trampled containers. Fine roots exist even in the depth of 20cm in trampled parts, but its length were shorter than un-trampled parts especially in the depth of 0-5cm. Consequently, we can conclude that the trampling restrains the elongation and enlargement of fine roots, and as a result restrains a medium roots.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026579
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.53 page.85-92 (19990331)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004283793.pdf
情報源 AN00142658
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

620 times.


Search
Related Materials in