Back
HPLC profiles of floral anthocyanins in the native taxa of Petunia (Solanaceae)   :   Petunia属(ナス科)原種の花色素HPLCプロフィール 

作成者 Ando, Toshio, Saito, Norio, Tatsuzawa, Fumi, Kakefuda, Tomoko, Yamakage, Keiko, Ohtani, Etsuko, Koshi-ishi, Maya, Matsusake, Yu, Kokubun, Hisashi, Watanabe, Hitoshi, Tsukamoto, Tatsuya, Hashimoto, Goro, Marchesi, Eduardo
作成者 (ヨミ) サイトウ, ノリオ, タツザワ, フミ, カケフダ, トモコ, ヤマカゲ, ケイコ, オオタニ, エツコ, コシイシ, マヤ, マツサケ, ユウ, コクブン, ヒサシ, ワタナベ, ヒトシ, ツカモト, タツヤ
作成者の別表記 安藤, 敏夫, 斎藤, 規夫, 立澤, 文見, 掛札, 知子, 山影, 桂子, 大谷, 悦子, 輿石, 麻弥, 松酒, ゆう, 國分, 尚, 渡辺, 均, 塚本, 達也, 橋本, 梧郎
日本十進分類法 (NDC) 620
内容 前報(Ando et al., 1998)においてPetunia属(ナス科)の全分類群(20分類群)における主要アントシアニン花色素24種類を同定したが, 将来のアントシアニンの同定と, タイプ標本の特性の一部として資するべく, そのHPLCプロフィールを全て掲載した.本属は, 花のアントシアニン構成から4群, 更にその1群は5亜群に分類されるが, それぞれのアントシアニン合成経路について短いコメントを加えた.
HPLC profiles of floral anthocyanins for 20 native taxa of Petunia (Solanaceae) were illustrated in order to serve as a definite anthocyanin reference for the further study. Brief comments were made for the blocks or inhibitions of the hydroxylation, methylation, glucosylation, and acylation reactions in the anthocyanin biosynthesis in the respective groups and subgroups of Petunia taxa that were distinguishable by the compositions and the contents of floral anthocyanins.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026585
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.53 page.135-144 (19990331)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004283799.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 英語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

834 times.


Search
Related Materials in