Back
スイレン科植物のLEAFY相同遺伝子の分子系統学的研究   :   Isolation and molecular phylogeny of the LEAFY homologs from Nymphaeaceae 

作成者 上原, 浩一, 川野, 優子, 野木, 聡子, 西野, 栄正
作成者 (ヨミ) ウエハラ, コウイチ, カワノ, ユウコ, ノギ, サトコ, ニシノ, エイショウ
作成者の別表記 Uehara, Koichi, Kawano, Yuko, Nogi, Satoko, Nishino, Eisho
日本十進分類法 (NDC) 620
内容 シロイヌナズナのLEAFYとそのキンギョソウにおける相同遺伝子FLORICAURAは植物体の生殖茎頂の形成と維持の機能を持つことが知られている.私たちはスイレン科においてLEAFY相同遺伝子の単離を試みた.3'RACE RT-PCR法によりLEAFY相同遺伝子の後半部分をクローニングした.4種についてはそれそれ一つずつの塩基配列が得られた(オニバス, EFL 1; ヒツジグサ, NTL 1; ハゴロモモ, CCL 1; ジュンサイ, BSL 1).コウホネについては異なる配列の2つのクローン(NJL 1, NJL 2)が得られた.得られた塩基配列をアミノ酸配列に変換しアライメントを行い73アミノ酸について今までに発表されているLEAFY相同遺伝子とともに系統解析を行ったところ本研究で得られたスイレン科5種のLEAFY相同遺伝子は単系統群となった.
The homologous genes, LEAFY (LFY) and FLORICAULA (FLO), of Arabidopsis thaliana and Antirrhinum majus, respectively, regulate the formation of determinate floral meristems. We tried to isolate the FLORICAULA/LEAFY homologs from five species of Nymphaeaceae. We cloned cDNA fragment with 314-479 bp of latter half of LEAFY homologs using 3'RACE (Rapid Amplification of cDNA ends) RT-PCR method. Single sequences were obtained from each four species Euryale ferox (EFL1), Nymphaea tetragona (NTL1), Cabomba caroliniana (CCL1), Brasenia schreberi (BSL1). Two different sequences were cloned from Nuphar japonicum (NJL1, NJL2). Phylogenetic analysis of 73 amino acid sequences revealed that LEAFY homologs of Nymphaeaceae of the present research constitute monophyletic group.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026588
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.54 page.13-18 (20000331)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004283814.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

1967 times.


Search
Related Materials in