Back
Consumers' Attitude Toward Food Safety of Eggs : An Opinion Survey   :   食品安全性に対する消費者受容態度 : 意識調査による分析 

作成者 Maruyama, Atsushi, Kurihara, Shinichi, Matsuda, Tomoyoshi, Kikuchi, Masao
作成者 (ヨミ) マルヤマ, アツシ
作成者の別表記 丸山, 敦史, 栗原, 伸一, 松田, 友義, 菊池, 真夫
日本十進分類法 (NDC) 498.5
内容 本稿は, 消費者の食品安全性に対する選好及び受容態度を, 特に卵のサルモネラ感染のケースについて明らかにしようとするものである.調査は, 無作為に抽出された松戸市民に対する郵送アンケートにより行われ, 仮想されたリスクレベルによるWTPの違いを調べるため, 仮想リスクレベルが異なる二種類のシナリオを用意した.調査結果は, 低いリスクレベルが達成されているシナリオが提示された解答者, 生や半熟の卵を食べることを好む解答者が, 平均的により多くの金額を安全性に対し支払う意志があり, また, 二割強の消費者にとって食品安全性は, 卵を購入する際の最も重要な要素であることが明らかになった.さらに, 解答者のリスクに関する事前評価は多様であること, WTPとの間に一定の関連性を有することが観測された.
This paper examines consumers' attitude and preference toward food safety of eggs and their willingness-to-pay for improving the safety level with special reference to Salmonella infection. Our survey, conducted by mail for the residents selected randomly in Matsudo City, is designed to catch the tradeoff between WTP and hypothetical risk level. The survey results show that the respondents given the lower level of hypothetical risk are willing to pay more on average, that the mean WTP of high-risk respondents, who prefer eating eggs raw and/or half-cooked, is significantly higher than the low-risk respondents, and that more than 20 percent of the respondents regards food safety as the most important characteristic when purchasing eggs. We find that the prior risk beliefs of the sample respondents vary widely and their reported WTP is not necessarily inconsistent with their prior beliefs.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026597
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.54 page.95-104 (20000331)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004283823.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 英語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

756 times.


Search
Related Materials in