Back
Estimation of WTP Function with an Adaptive Learning Model : Salmonella Contamination on Egg   :   Adaptive LearningモデルによるWTP関数の推計 : 卵のサルモネラ汚染 

作成者 Maruyama, Atsushi, Kikuchi, Masao
作成者 (ヨミ) マルヤマ, アツシ
作成者の別表記 丸山, 敦史, 菊池, 真夫
日本十進分類法 (NDC) 611
内容 卵のサルモネラ汚染リスクに対する消費者WTP (Willingness To Pay: 支払意志額)調査のデータを用い, WTPを形成する過程でのリスク情報に関する学習プロセスについて分析した.リスクの学習プロセスをWTP関数に取り込んだモデルの推計結果は, 新規情報により事前情報が逐次修正され事後的なリスク評価が形成されるという仮説を支持した.推計結果は, また, WTPが個人属性に大きく規定されることを示した.どのような個人が高いWTPを有するかを知ることは, 健康と食品安全性に関する社会的関心を喚起するための効率的な対策を考える上でも極めて有効な情報を提供する.
Using the data obtained from a mail survey on consumers' WTP (Willingness To Pay) for reducing the risk of Salmonella contamination on egg, the risk learning process through which individuals form their WTP is examined. The results of estimation of the WTP function that incorporates individuals' risk learning process support the hypothesis that respondents establish their posterior risk belief through adapting in a rational manner their prior risk belief by new risk information supplied to them. The results also show that WTP is influenced significantly by personal characteristics. To identify who has higher WTP for Salmonella safety egg enable us to make clear targeting for effective campaigns by governments to enhance public awareness about issues related to health and food safety in households.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026610
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.55 page.77-88 (20010331)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004283847.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 英語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

783 times.


Search
Related Materials in