Back
洋らん鉢物経営におけるリレー生産方式の経営的意義   :   The Significance of Relay Production System in Orchid Management. 

作成者 早川, かほり, 西山, 未真, 吉田, 義明, 永江, 弘康
作成者 (ヨミ) ハヤカワ, カホリ, ニシヤマ, ミマ
作成者の別表記 HAYAKAWA, Kahori, NISHIYAMA, Mima, YOSHIDA, Yoshiaki, NAGAE, Hiroyasu
日本十進分類法 (NDC) 620
内容 本論文では, 現在の洋らん経営におけるリレー栽培の意義について, 栃木県における事例に基づいて明らかにする.近年わが国の花卉経営では, 輸入量増加による低価格化への影響を回避するために, 何らかの経営的対応が求められている.事例とする経営では, 経営発展の過程において, 周年栽培を可能にするために全国に先駆けてリレー栽培方式を確立していった.リレー栽培とは, 苗の生育ステージ別に生産管理を専門に行う生産者に依頼して栽培する方法である.リレー栽培を行う利点は, 次の3点に整理できる.まず, 1つ目は労働管理をそれぞれの経営者に任せるため労働力の配分が計画的に行えることである.2つ目は, 栽培管理が専門化する事で良質な苗の生産ができることであり, 3つには, 温室を生育ステージ別に分けられるため生育ステージに合わせた最適な栽培環境が確保できることである.そして, このような利点を最大たらしめるのは, 海外における適地での低コストの苗生産と国内産地における仕上げ工程を結合したリレー生産体系であるということができるのである.
In this paper, we consider the significance of relay production system in orchid farm management. The relay production system is that the farmer in Japan entrust with his seeding to the orchid growers bringing up them, or orders young plants to the nursery in foreign country, in order to save labor by sharing works. As a result, the system seems to be improving productivity of the orchid farm very much. In this case study, we make clear that the orchid farm introducing the system had expanded the production, removing the seasonally restriction without expensive investments. We think this is the most remarkable merit of this system. And more, paper shows that the system has other merits as follows; 1. The farmer can manage the labors in conformity with his plan. 2. He can produce the best brand of young plants. 3. He can adjust the best condition in every growth stage.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026623
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.56 page.77-84 (20020329)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004283871.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

634 times.


Search
Related Materials in