Back
Evaluation of Residential Amenities in Urban Area : The Case of Hokusetsu Region in Osaka Prefecture   :   都市住環境アメニティの経済学的評価 : 大阪府北摂地域の場合 

作成者 Shimizu, Ai, Maruyama, Atsushi, Kikuchi, Masao
作成者 (ヨミ) シミズ, アイ, マルヤマ, アツシ
作成者の別表記 清水, 愛, 丸山, 敦史, 菊池, 真夫
日本十進分類法 (NDC) 518
内容 大阪府北西部に位置する北摂地域の住環境アメニティを、ローゼン型のヘドニック地価関数を推計する事によって評価した。農地、緑地、建物や交通インフラ用地といった土地利用区分ごとの面積を特性変数として採用した。これらの土地利用に関わる資料はメッシュ形式で与えられ、地価観測点がメッシュの中央になっている。回帰結果は、弾力性の絶対値はほぼ等しいものの、農地はディスアメニティであるのに対し緑地はアメニティであることを明らかにした。さらに、サブサンプルを用いた分析の結果は、農地が少ない中心都市地域で、農地の不効用が増大する傾向がある事を示した。
Residential amenities of Hokusetsu region, situated in the northwestern part of Osaka prefecture, are evaluated by estimating the Rosen's type of hedonic land price function. The quantities of specific land-uses, e. g., farmland, green space, building land and land for transport infrastructure, in neighborhood environment are chosen as characteristic variables. The information on land use is provided in the form of mesh data with the land-price observation point at the center of each mesh. The regression results reveal that, although the absolute value of elasticity of consumers' valuation for farmland at the mean values is as large as that of elasticity for green space, farmland is disamenity for urban residents whereas green space is amenity. Furthermore, the estimation results using sub-sample suggest that the degree of its disutility tends to be larger in the central urban area where the quantity of farmland becomes fewer.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026627
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.56 page.117-125 (20020329)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004283875.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 英語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

848 times.


Search
Related Materials in