Back
Alternative Agro-food Movement in Contemporary Japan 

作成者 Nishiyama, Mima, Hirata Kimura, Aya
作成者 (ヨミ) ニシヤマ, ミマ, ヒラタ キムラ, アヤ
日本十進分類法 (NDC) 611
内容 本稿では, 日本における地域の食に関する運動について, 発足の背景, 展開過程を整理し, その展望についてアメリカとの比較を通して考察する.慣行栽培や市場流通など従来の農業のあり方と異なるものとしてオルタナティブな農業運動を定義し, 1990年代後半に始まった地産地消運動に注目する.地産地消運動は地元で生産された農産物を地元で消費しようというものであり, 「地域」という面的な範囲を活動範囲とするとともに, 生産者と消費者がその地域を共有しているという点で従来のオルタナティブ運動と一線を画している.しかし, その多くは国内農産物の販路拡大を目的とした農林水産省の政策の下, 政府や自治体が主導した運動となっている.アメリカでは地域の食に関する運動には日本よりも長い歴史があり, 議論の蓄積もある.既往の文献から地域の食に関する運動の目標, 進むべき方向性などを整理した.アメリカでは地域の食に関する運動が食の安全, 安心のみならず, 地域の環境問題, 地域における社会的公正の実現, 民主的な地域運営など様々な社会問題を解決する手段として認識されている.一方, 日本の地産地消運動は販路拡大の手段としてのみ認識されており, その限定的な位置づけのために食の安全, 安心, 食料安全保障を確保するための運動に矮小化されてしまう危険性がある.そこで, 本稿では「食」と「地域」という概念が社会的公正, 民主的な意思決定のための重要な手段になることへの認識の必要性を指摘し, 地産地消運動の参加者それぞれが, 食を入り口として地域資源としての環境問題, 地域住民にとってのよりよい社会のあり方へとその関心領域を広げていくことが, 地域の食運動の可能性
This paper analyzed the emergence, transformation, and prospects of local food movements in Japan. From a historical perspective of alternative agriculture movements, Chisan-chisho is the first movement to promote the idea of "local food". The most dominant Chisan-chisho movement in Japan is government-led movement, focusing on the MAFF organized consumer education programs concerning local food. But the goal of this project is largely to widen Japan's domestic food market. We argue that this narrow goal has limited the achievements of local movements to issues of local food safety and security. We realize that there is an older, more discussed, local food movement in the U.S. than in Japan. U.S. researchers and activists tend to consider the concept of local as resisting trends toward globalization. They argue that the flourishing of multi-national companies threatens democracy and social justice. Therefore, they recognize that certain activities at the local level are important tools for promoting, social change. Furthermore, in the U.S. they recognize that local food movements are the entry point for resolving other social problems such as nvironmental issues, social justice, democracy and so on. We suggest that they need to recognize their food issues as a structural problem in order to reformulate the Chisan-chisho movement in Japan. They also need to understand that the concepts of "food" and "local" are tools to gain entry to issues of social justice and democratic decision making. We expect that all Chisan-chisho participants' interests will expand from food to environment and social change, just as movements in the U.S. have experienced.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026664
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.59 page.85-96 (20050331)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004188794.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 英語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

1115 times.


Search
Related Materials in