Back
POMSテストからみた大学生の朝の心理特性と生活習慣との関連性について   :   III.自然科学系, 研究紀要50周年記念誌 : Relationship between mental characteristics in the morning by means of POMS test and life habit of university students : III. Natural Sciences, the 50th Anniversary Edition 

作成者 村松, 成司, 近藤, 健吾, 岸, 恵美, 広田, 悠子, 齋藤, 初恵
作成者 (ヨミ) ムラマツ, シゲジ, コンドウ, ケンゴ, キシ, メグミ, ヒロタ, ユウコ, サイトウ, ハツエ
作成者の別表記 MURAMATSU, Shigeji, KONDO, Kengo, KISHI, Megumi, HIROTA, Yuko, SAITO, Hatsue
日本十進分類法 (NDC) 370
内容 現代大学生の食生活を含む日常生活全般を見直す試みの一つとして, 大学生の生活特性と心理状況の関連性をPOMSテストを利用して検討した。調査対象者は8時50分から始まる第1時限の講義に出席した学生148名とした。生活調査項目では1日の睡眠時間は6時間が61名(41.2%)と最も多く, 続いて7時間の40名(27.0%), 5時間の33名(22.3%)であった。平均睡眠時間は6.10±1.04時間(最大12時間, 最小4時間)であった。1週間の運動頻度は1回47名が(31.8%)と最も多く, 続いて2回の23名(15.5%)であった。平均運動回数は2.31±1.79回であった。「1日3食しっかり食べますか」の設問では「はい」が106名(71.6%)と多く, 「いいえ」は42名(28.4%)であった。「栄養のバランスを考えて取っていますか」の設問では「はい」が77名(52.0%), 「いいえ」が71名(48.0%)とほぼ同じ様子にあった。「食事の時間は規則的ですか」の設問では「はい」が71名(48.0%), 「いいえ」が75名(50.7%)とほぼ同数であった。「外食の回数は週に何回ですか」の設問では2回が38名(25.7%)と最も多く, 続いて1回が33名(22.3%)であった。平均外食回数は2.49±2.17回であった。「間食の食べ過ぎで食事が十分にとれないことがありますか」の設問では「いいえ」が118名(79.7%)と圧倒的に多く, 「はい」は30名(20.3%)であった。「食事や栄養に関心がありますか」の設問では「はい」が127名(85.8%)と多かった。調査対象者全体のPOMSプロフィールではIcebergのプロフィールと比較して平均値でDとCがやや高めに, Vがかなり低くなっていた。睡眠時間ではIcebergのプロフィールと比較して6時間未満の睡眠時間群ではT, D, R, Cが高く, Vが低い様子にあったが, 6時間以上睡眠時間群はT, D, FはIcebergのプロフィールと同レベルにあり, Aが
公開者 千葉大学教育学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026758
ISSN 1348-2084
NCID AA11868267
掲載誌情報 千葉大学教育学部研究紀要 Vol.50 page.503-515 (20020228)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AA11868267/KJ00004185231.pdf
情報源 Bulletin of the Faculty of Education, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

771 times.


Search
Related Materials in