Back
企業と連携した授業実践開発の試み : NPO法人企業教育研究会の取り組みを通して   :   I.教育科学系 : An Attempt at Developing Teaching Practices through Collaborating with Corporations : In the Case of NPO "the Association of Corporation and Education" : I. Pedagogy 

作成者 藤川, 大祐
作成者の別表記 FUJIKAWA, Daisuke
キーワード等 授業づくり, 企業, NPO, 学生, Developing of Teaching, Corporation, NPO, Students
日本十進分類法 (NDC) 370
内容 時代の変化とともに, 新しい授業実践を開発する必要性が高まっている。新しい授業実践の開発には学校外の者との連携が必要であり, 中でも現状では企業との連携がまだ十分になされていない。筆者は学生や教師たちとともにNPO法人企業教育研究会を設立し, 企業と連携した授業実践開発に取り組んでいる。この法人では, 2002年度以降, 環境・メディア・国語・社会科等さまざまな教科・領域の授業を開発してきた。この法人が開発した授業には, (1)ビデオを効果的に活用している, (2)「利他的な夢」を扱う授業を行っているという特徴が見られる。他方, 授業の構成が一定のパターンに陥ってしまう「授業のパターン化」をどう乗り越えるかが課題となっている。
Today, facing changes of our society, we are required to develop various teaching practices for schools. To developing practices, it's necessary for us to collaborate with people outside of schools. And we've not collaborated with corporations enough. I've organized NPO "ACE" (the association of corporation and education) with university students and school teachers. Since 2002, we have developed teaching practices of environment, media, language skills, social studies, and so on, through collaborating with corporations. I found two features in teaching practices we developed. (1) video is used actively ; (2) "dreams for others" are treated. And we have a problem "patternizing", that is, the pattern of our practices is fixed.

公開者 千葉大学教育学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026827
ISSN 1348-2084
NCID AA11868267
掲載誌情報 千葉大学教育学部研究紀要 Vol.52 page.35-39 (20040228)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AA11868267/13482084_52_35.pdf
情報源 Bulletin of the Faculty of Education, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

684 times.


Search
Related Materials in




授業づくり
企業
NPO
学生
Developing of Teaching
Corporation
NPO
Students