Back
時間的展望における自己認識と生活実践   :   I.教育科学系 : Self Awareness and Life Practice from a Time Outlook : I. Pedagogy 

作成者 佐藤, 文子, 志村, 結美, 深谷, 純子
作成者 (ヨミ) フカヤ, ジュンコ
作成者の別表記 SATO, Fumiko, SHIMURA, Yumi, FUKAYA, Junko
キーワード等 時間的展望, 自己認識, 生活実践, 家庭科教育, 青年期, Time Outlook, Self Awareness, Life Practice, Home Economics Education, Youths
日本十進分類法 (NDC) 370
内容 本研究の目的は, 青年期の時間的展望における自己認識と生活実践の実態を明らかにすることである。方法は大学生411名を対象にアンケート調査をした。結果は以下のとおりである。(1)「今努力していることが将来に影響する」, 「これからの人生や生き方にとても関心をもっている」という回答が多い。(2)大学生の時間的展望における自己認識には学年差と男女差がある。(2)他の人を配慮した生活行動をしている。(3)自己認識と生活行動には関連性がある。
The purpose of this research is to clearify the actual conditions of the youths' outlook towards the time in terms of their overall self awareness and life practice. 411 undergraduate students were the target test subjects in this survey. The results are as follows. 1. Many responded by saying, "Effort now will be rewarded in the future" and "l am very interested in how the future life and way of living will be." 2. There is a difference in the grades and sex of undergraduate students. 3. Life actions are done in consideration of others. 4. There is a relationship between self awareness and life actions.

公開者 千葉大学教育学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026836
ISSN 1348-2084
NCID AA11868267
掲載誌情報 千葉大学教育学部研究紀要 Vol.52 page.103-108 (20040228)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AA11868267/13482084_52_103.pdf
情報源 Bulletin of the Faculty of Education, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

782 times.


Search
Related Materials in




時間的展望
自己認識
生活実践
家庭科教育
青年期
Time Outlook
Self Awareness
Life Practice
Home Economics Education
Youths