Back
重症心身障害児における随伴関係認知の発達に関する縦断的事例検討   :   I.教育科学系 : Longitudinal case study on development of contingency cognition in a child with severe motor and intellectual disbilities : I. Pedagogy 

作成者 北島, 善夫
作成者の別表記 KITAJIMA, Yoshio
キーワード等 重症心身障害, コミュニケーション, 随伴関係認知, 期待心拍反応, 意図的操作, Severe motor and intellectual disbilities, Communication, Contingency cognition, Anticipatory heart rate response, Intentional operation
日本十進分類法 (NDC) 370
内容 一重症心身障害児を対象に, 2年間にわたり, 随伴関係認知の指導を行うと同時に期待心拍反応の縦断的測定を行った。運動-刺激随伴関係(R-S期待)と刺激-刺激随伴関係(S-S期待)の両認知発達の機能連関と, 随伴関係認知の促進プログラムについて考察した。指導では, R-S課題の行動変化後, S-S課題での行動変化が示され, この変化は期待心拍反応でも確認された。このため, R-S期待の促進がS-S期待の促進にも正の効果をもつことが示唆された。また, 働きかけ手が対象児の状態に応じて適宜刺激の呈示の仕方を工夫できる条件から指導を始めることが, S-S期待の促進に効果的であることが示唆された。
公開者 千葉大学教育学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026837
ISSN 1348-2084
NCID AA11868267
掲載誌情報 千葉大学教育学部研究紀要 Vol.52 page.109-114 (20040228)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AA11868267/13482084_52_109.pdf
情報源 Bulletin of the Faculty of Education, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

750 times.


Search
Related Materials in




重症心身障害
コミュニケーション
随伴関係認知
期待心拍反応
意図的操作
Severe motor and intellectual disbilities
Communication
Contingency cognition
Anticipatory heart rate response
Intentional operation