Back
Remarks on the Locative Alternation   :   所格交替管見 : II.人文・社会科学系 : II. Humanities and Social Sciences 

作成者 大塚, 達雄
作成者 (ヨミ) オオツカ, タツオ
作成者の別表記 OTSUKA, Tatsuo
キーワード等 所格, 全体的・部分的, 直接目的語, 語彙概念構造, Locative, Holistic/Partitive, Direct Object, LCS
日本十進分類法 (NDC) 370
内容 英語の所格交替には二つの型がある。ひとつの型では, 位置が変わる項が直接目的語で表され, 場所を示す項が前置詞の目的語として表される。もうひとつの型では, 位置が変わる項が前置詞の目的語として表され, 場所を示す項が直接目的語として表される。所格交替に見られる, 解釈上いわゆる全体的・部分的影響に関与する二つの動詞はほぼ同じ語彙概念構造を持っており, 相違点はこの構造のどの構成部分を選択したかによって異なるのみである。選択されなかった部分は語用論的にそれが真であるかどうかが決まる。
There are two syntactic variants in the locative alternation in English. ln one variant the argument whose location is changed is expressed as direct object and the locative argument is expressed as the object of a preposition, while in the other the argument whose location is changed is expressed as the object of a preposition, and the locative argument is expressed as direct object. Two types of verbs involved in the so-called holistic/partitive effeet in the locative alternation have almost the same lexical conceptual structures, only differing in which components of these structures are selected. It is determined pragmatically whether the non-selected part is true or not.

公開者 千葉大学教育学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026850
ISSN 1348-2084
NCID AA11868267
掲載誌情報 千葉大学教育学部研究紀要 Vol.52 page.225-228 (20040228)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AA11868267/13482084_52_225.pdf
情報源 Bulletin of the Faculty of Education, Chiba University
言語 英語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

703 times.


Search
Related Materials in




所格
全体的・部分的
直接目的語
語彙概念構造
Locative
Holistic/Partitive
Direct Object
LCS