Back
英語語彙学習のためのCALL用CD-ROM教材の開発と試用実践   :   II.人文・社会科学系 : The Development of CALL Vocabulary Learning Material and its Use : II. Humanities and Social Sciences 

作成者 西川, 理, 高橋, 憲史, 西垣, 知佳子
作成者 (ヨミ) ニシカワ, オサム, タカハシ, ノリフミ, ニシガキ, チカコ
作成者の別表記 NISHIKAWA, Osamu, TAKAHASHI, Norifumi, NISHIGAKI, Chikako
キーワード等 語彙学習, vocabulary learning, CALL, CD-ROM, TOEFL
日本十進分類法 (NDC) 370
内容 本研究は外国語学習に不可欠と言われる語彙学習のための教材の試作と試用に関する報告である。研究の目的は, 1)英語語彙学習用のCD-ROM教材を試作すること, 2)試作した教材を使い試用実践を行うこと, 3)試用実践の結果から試作教材の問題点を明らかにし, 改良版の学習教材を作製するための基礎データを収集することの3点であった。教材は英語専攻生の関心, 必要性の高いTOEFL語彙を学習するものであった。はじめにTOEFL語彙データベースを作成し, 基本形に直すなどの作業のあと, 出現頻度をもとに学習効率が良いと推定される200語を学習語彙として選定した。教材の作製は, ホームページ作成用ソフトウェアを使って行い, 独自に考案した指導法を組み入れ, 楽しく, 定着率の高い教材を目指した。試用実践には大学生19名が参加し, 学習開始から12週間後のポストテストの結果, 学習した語彙の定着率は70%弱であったことが確認された。また学習者への質問紙による調査の結果から, 学習者が語彙教材を「楽しい」「役に立つ」「もっと他の教材でも学習したい」と感じていたことが判明した。定着率が70%弱程度だったことから, 試用実践の結果をもとに今後さらに指導方法や指導計画を改善し, 定着率を高めるようにしたい。今後はこれらの指導実践の結果を基礎データとして, 改良版の語彙学習教材を作成する予定である。
In this study, specifically targeted for improving TOEFL vocabulary, an effective and enjoyable CALL (Computer-Assisted Language Learning) program was developed for Japanese college students. Determining what vocabulary to include was done by collecting 145, 391 words from twenty sets of TOEFL practice tests, lemmatizing these words, eliminating proper nouns and numerals, and then listing the remaining words in order of frequency. Two hundred high frequency words were identified as the basis for the CALL program. In addition to 'what to include', an equally important 'how to teach' aspect was incorporated into the program by including varieties of tasks which enhance the acauisition of words. This CALL program was accomplished by using commercial application software called IBM Homepage Builder. Nineteen college students participated in a trial use of the material and studied 200 words for 12 weeks. The posttest that followed the trial showed that about 70 percent of the learned words were retained by the students. In the questionnaire, students reported favorably that the material was enjoyable and useful, at the same time, the researchers found weak points and room to improve the retention rate of learned words. These results will be used for the development of a revised version of CALL vocabulary learning material.

公開者 千葉大学教育学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026852
ISSN 1348-2084
NCID AA11868267
掲載誌情報 千葉大学教育学部研究紀要 Vol.52 page.243-253 (20040228)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AA11868267/13482084_52_243.pdf
情報源 Bulletin of the Faculty of Education, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

825 times.


Search
Related Materials in




語彙学習
vocabulary learning
CALL
CD-ROM
TOEFL