Back
Effect of counseling of nutrition and life style on the changes of POMS profiles of university female volleyball players   :   栄養および日常生活に関するカウンセリングの実施が大学女子バレーボール選手のPOMSの変動に及ぼす影響 : III.自然科学系 : III. Natural Sciences 

作成者 松村, 成司, 広田, 悠子, 斉藤, 初恵
作成者 (ヨミ) ムラマツ, シゲジ, ヒロタ, ユウコ, サイトウ, ハツエ
作成者の別表記 MURAMATSU, Shigeji, HIROTA, Yuko, SAITO, Hatsue, Stavrianeas, Stasinos
キーワード等 POMS, 競技者, コンディショニング, カウンセリング, POMS, Athlete, Conditioning, Counseling
日本十進分類法 (NDC) 370
内容 本研究では競技シーズン中にある大学女子バレーボール選手に対して栄養および日常のライフスタイルに関するカウンセリングを行った場合と行わない場合のPOMSの変動について検討した。健康な女子大学生9名を被験者とした。まず, 2つのグループに分け, カウンセリング実施グループ(Cグループ)と非実施グループ(Nグループ)とした。Cグループの被験者に事前のアンケートの結果をもとにカウンセリングを行い, 食事および日常生活に関するアドバイスを行った。実験期間は6週間とした。カウンセリングおよびPOMSの測定は実験前(BE), 3週間後(ME)および実験終了時(EE)の3回行った。Cグループの平均プロフィールは徐々にicebergのプロフィールに, より接近する様子にあった。Cグループでは要因T(緊張), D(抑うつ)およびC(混乱)は低下し, V(活力), F(疲労)は実験の進行とともに増加した。特に, 要因VはBEとMEの間で有意な増加が観察された(p<0.01)。CグループのMEのPOMSスコアはBEのそれと比較して減少した。結論として, 心理面の管理はコンディショニングの条件のさらなる悪化を防ぐために, またトレーニング効果を促進するために有効である。本実験の結果は日常生活のスタイルおよび食事に関するアドバイスが, スポーツ選手の心理状況をスポーツ選手として, より適切であると考えられる心理プロファイルに近づけるために有効であったことを示唆しており, これら毎日のライフスタイルおよび食事に関するアドバイスがスポーツ選手の心理面での改善に重要であることを改めて示唆するものである。
The present study was carried out to investigate the changes of POMS profiles of university female volleyball players with or without counseling of nutrition and life style in competition season. Nine healthy female students were used as the subjects. They were divided into two groups; one was a 'counseling' group (C group) and the other was a 'no counseling' group (N group). For the subjects in 'with counseling' group, some advice were taken at the counseling with the results of questionnaire on daily diet habit and nutrition survey. An experimental period was for 6 weeks, which was devised into two periods. Survey of food intake, quantity of activities for 3 days and POMS test were undertaken three times; before experiment (BE), at the end of the 3rd week (ME) and at the end of the 6th week (EE). The mean profile of C group gradually became closer to the Iceberg profile. Factor T (Tension), D (Depression), and C (Confusion) seemed to decrease and Factor V (Vigor) and F (Fatigue) seemed to increase with the progress of experiment in C group. Especially, the significant difference was observed between BE and ME in factor V (p<0.01). POMS score at ME in C group slightly decreased compared with it at BE. As the conclusion, the management of a mental aspect is effective for prevention of the further aggravation of condition and promotion of the training effect. The results in this experiment shows that advice was effective about the style of daily life and a meal in order to improve the mental condition of athletes into the mental profile considered to be more suitable as athletes, and it suggests anew that instruction about daily life style and a meal is important for a mental improvement of athletes.

公開者 千葉大学教育学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026868
ISSN 1348-2084
NCID AA11868267
掲載誌情報 千葉大学教育学部研究紀要 Vol.52 page.389-397 (20040228)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AA11868267/13482084_52_389.pdf
情報源 Bulletin of the Faculty of Education, Chiba University
言語 英語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

951 times.


Search
Related Materials in




POMS
競技者
コンディショニング
カウンセリング
POMS
Athlete
Conditioning
Counseling