Back
夕食場面における児童の他者に関する会話 : きょうだいの家庭観察データにおける長男Sの他者の行動の原因として内的状態を挙げた発話の事例的検討   :   I.教育科学系 : Children's talk concerning others in the eating situation at dinnertime : A case study of the eldest brother's talk about causality in relation to internal states analyzing observational data from a sibling relationships at home : I. Pedagogy 

作成者 岩田, 美保
作成者の別表記 IWATA, Miho
キーワード等 児童, 他者理解, きょうだい, 会話(発話), 因果性, children, understanding of others, sibling, talk(utterance), causality
日本十進分類法 (NDC) 370
内容 本研究は, 一組の児童3人きょうだいの縦断的家庭観察データにおける夕食場面の自然な会話のうち, 他者(自己含む)に関する因果性についての会話や発話に着目し, それを手がかりとして児童期における子どもの他者理解について検討を行った。今回のデータ(2003年7月および11月/Sが小学5年次)におけるSの夕食場面における因果性についての発話は, 他者に関する発話では一貫した友人の人格特性などを客観視, 評価する内容の言及がみられてくることが特徴としてみられた。また, 他者に関する発話と比較して, 特に自己に関する発話の増加がこの時期に顕著にみられたことが特徴的であった。すなわち, 小学校4年次から5年次にかる時期にそれ以前からみられていた他者への言及に加え, 自己への言及がみられること, それにより同時期には自他理解が複雑に絡み合い助長されるであろうことが示唆された。
公開者 千葉大学教育学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026879
ISSN 1348-2084
NCID AA11868267
掲載誌情報 千葉大学教育学部研究紀要 Vol.53 page.39-42 (20050228)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AA11868267/13482084_53_39.pdf
情報源 Bulletin of the Faculty of Education, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

690 times.


Search
Related Materials in




児童
他者理解
きょうだい
会話(発話)
因果性
children
understanding of others
sibling
talk(utterance)
causality