Back
大学と地域小学校の連携II・「築窯の焼成実践およびその反響と今後の課題」 : 千葉市立さつきが丘西小学校との共同研究   :   I.教育科学系 : Relationship of Chiba university and a regional elementary school II : A study of burning by a building pottery kiln its practice, respond, and further tusk : I. Pedagogy 

作成者 上野, 弘道, 神谷, 睦代
作成者 (ヨミ) カミヤ, ムツヨ
作成者の別表記 UENO, Hiromichi, KAMIYA, Mutsuyo
キーワード等 特色のある学校づくり, 総合的な学習, 手づくり, 築窯, A unique plan of school curriculum, Period for Intergrated Study, Made by hand, Building pottery kiln
日本十進分類法 (NDC) 370
内容 本稿は, 「大学と地域小学校の連携I『総合的な学習の時間』を拓く図工教材の研究」に引続いて, 作品焼成のための窯(耐熱煉瓦を用いた簡易築窯)の実践と, 主に教員や保護者, 児童からの反響をまとめたものである。現場でおおがかりな築窯の実践は過去にも事例が少ない。その理由には予算や時間的余裕さらに手間, 安全管理の問題等が実現化の大きな壁となっていると予想される。「体験学習」や「特色のある学校づくり」が叫ばれる中, 「築窯」そのものの教育的効果には大いに期待できそうな面もあろうが, 学校経営の視点からみれば安易に取り組めないことも事実である。そこで, この度のさつきが丘西小学校との共同研究では, 特に学校経営の立場から焦点をあて, その教育的可能性や問題を教員や保護者などの現場から立ち上げた声によって分析し, 結果顕れた「実践」の詳細を現実的に受けとめることから図工学習教材としての「築窯」の実用化への手立てとなるようにしたい。
公開者 千葉大学教育学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026890
ISSN 1348-2084
NCID AA11868267
掲載誌情報 千葉大学教育学部研究紀要 Vol.53 page.125-130 (20050228)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AA11868267/13482084_53_125.pdf
情報源 Bulletin of the Faculty of Education, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

836 times.


Search
Related Materials in




特色のある学校づくり
総合的な学習
手づくり
築窯
A unique plan of school curriculum
Period for Intergrated Study
Made by hand
Building pottery kiln