Back
教師の環境教育観に関する日独比較研究   :   I.教育科学系 : Japanese and German Teachers' Views of the Environmental Education in Schools : I. Pedagogy 

作成者 佐藤, 聖子, 鶴岡, 義彦
作成者 (ヨミ) サトウ, セイコ
作成者の別表記 SATO, Seiko, TSURUOKA, Yoshihiko
キーワード等 環境教育, 環境教育観, 教師, 比較研究, 日本とドイツ, Environmental Education, View of Environmental Education, Teacher, Comparative Study, Japan and German
日本十進分類法 (NDC) 370
内容 本研究では, 環境教育の全体を把握するために, まず3次元からなる「環境教育マトリクス」を作成した。その3次元とは, (1)環境教育の内容領域:自然環境, 環境の改変, 社会と文化, (2)規模からみた内容取扱いの力点:地域, 地球, 及び(3)教授・学習の過程ないし段階:気づき, 知識・理解, 参加・行動, であった。次に, 日本とドイツの初等・中等学校教師を対象として, 彼らの環境教育観を探る調査を実施した。即ち, 「環境教育マトリクス」に基づいて, (1)各セルの項目(例:「地域」の「自然環境」への「気づき」)に対する教育的重要度の認識と, (2)重要と回答したセル項目に対する達成度の認識とについて調査した。その結果, (1)日独それぞれにおける環境教育観の学校段階による特色や, (2)環境教育観の日独教師における共通の傾向や差異等が明らかとなった
In this study, we made an "Environmental Education Matrix" with three dimensions. Three dimensions of the Matrix were (1) the teaching content area of environmental education: natural environment change of environment and society & culture, (2) the scale of teaching perspective: local and global, and (3) the teaching-learning process/phase: to aware, to know and understand, and to participate and act. Then, Japanese and German teachers, views of environmental education were investigated with a questionnaire based on the Matrix. As the result the similarities and differences between (1) primary and secondary teachers, and (2) Japanese and German teachers were clarified.

公開者 千葉大学教育学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026900
ISSN 1348-2084
NCID AA11868267
掲載誌情報 千葉大学教育学部研究紀要 Vol.53 page.211-222 (20050228)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AA11868267/13482084_53_211.pdf
情報源 Bulletin of the Faculty of Education, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

758 times.


Search
Related Materials in




環境教育
環境教育観
教師
比較研究
日本とドイツ
Environmental Education
View of Environmental Education
Teacher
Comparative Study
Japan and German