Back
On the Thematic Roles of Goal and Recipient in the Dative Alternation in English   :   英語の与格交替における着点及び受容者主題役割について : II.人文・社会科学系 : II. Humanities and Social Sciences 

作成者 大塚, 達雄
作成者 (ヨミ) オオツカ, タツオ
作成者の別表記 OTSUKA, Tatsuo
キーワード等 語用論, 与格, 焦点, 着点, 受容者, Pragmatic, Dative, Focus, Goal, Recipient
日本十進分類法 (NDC) 370
内容 英語の与格交替動詞は二重目的語構文においても着点を表す前置詞付きの与格構文においても基本的に同じ語彙意味表示を持っている。この二つの構文の容認可能性及び意味の違いは, 前置詞の付かない間接目的語及び前置詞の付く間接目的語に付与される着点・受容者主題役割間のプロファイル関係から生ずるものであるし, また焦点・非焦点, メタファー, 名詞句の重さから生ずるものでもある。
English verbs participating in the dative alternation have basically the same lexical semantic representation in the double object form and in the prepositional dative form with the goal preposition to. Differences in acceptability and semantics between these two constructions arise from the profiling relationship between the thematic roles of Recipient and Goal to be assigned to the prepositionless and the prepositional indirect object nominals, and from semantic/pragmatic factors such as focus vs. non-focus, metaphor, and heaviness.

公開者 千葉大学教育学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026905
ISSN 1348-2084
NCID AA11868267
掲載誌情報 千葉大学教育学部研究紀要 Vol.53 page.259-264 (20050228)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AA11868267/13482084_53_259.pdf
情報源 Bulletin of the Faculty of Education, Chiba University
言語 英語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

878 times.


Search
Related Materials in




語用論
与格
焦点
着点
受容者
Pragmatic
Dative
Focus
Goal
Recipient