Back
セイゼイ・タカダカ・タカガの意味分析   :   II.人文・社会科学系 : A Semantic Analysis of "seizei, " "takadaka" and "takaga" : II. Humanities and Social Sciences 

作成者 安部, 朋世
作成者 (ヨミ) アベ, トモヨ
作成者の別表記 ABE, Tomoyo
キーワード等 セイゼイ, タカダカ, タカガ, スケール, seizei, takadaka, takaga, scale
日本十進分類法 (NDC) 370
内容 本稿は, とりたて機能を有するとされる表現形式のうち, 「セイゼイ」「タカダカ」「タカガ」を取り上げ, それぞれが現れる文の特徴を考察し, とりたて機能の観点からそれらの意味の違いを明らかにするものである。セイゼイとタカダカは, 前者が当該要素を「限度」と位置付け, 後者が「マイナス」に評価付けるという違いがあるものの, いずれも要素がスケール上に並ぶような前提集合が想定され, とりたて機能を有するといえるが, タカガは単にタカガによって示される要素自体をマイナスに評価付けるもので, 他の要素や前提集合が想定されないことから, とりたて機能を有するものとするには問題があることが指摘できる。
公開者 千葉大学教育学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026908
ISSN 1348-2084
NCID AA11868267
掲載誌情報 千葉大学教育学部研究紀要 Vol.53 page.279-284 (20050228)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AA11868267/13482084_53_279.pdf
情報源 Bulletin of the Faculty of Education, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

857 times.


Search
Related Materials in




セイゼイ
タカダカ
タカガ
スケール
seizei
takadaka
takaga
scale