Back
普通教室および特別教室における床材料のイメージ調査   :   III.自然科学系 : Image investigation of floor materials in classroom and special classroom : III. Natural Sciences 

作成者 甫立, 将章, 大釜, 敏正
作成者 (ヨミ) ホダテ, マサフミ
作成者の別表記 HODATE, Masafumi, OHGAMA, Toshimasa
キーワード等 学校施設, 床材料, 官能評価, DEMATEL法, SD法, School Facility, Floor Material, Sensory Evaluation, Decision Making Trial Evaluation Laboratory, Semantic Differential Method
日本十進分類法 (NDC) 370
内容 普通教室および特別教室に使用される代表的な床材料(木材・プラスチックタイル・ジュウタン)について, DE-MATEL法を用いてイメージがどのような段階を経て形成されているか調査した。その結果, 各材料とも視覚情報から受ける印象を起点として他のイメージに発展していた。また, 材料の負のイメージについては他のイメージとの関連性や影響性が認められなかった。さらに, 各材料がどのような意味空間で捉えられているかについて調べたところ, 「材料の自然さ」「表面性状」「見た目の印象」「力量性」「明るさ」の5因子が抽出できた。この5因子をもとに各材料の特徴を調べたところ, (1)木材は自然で感じがよい材料であるが, 表面性状では顕著な特徴を示さない, (2)プラスチックタイルは硬くつるつるしており, 人工的で無機質である, (3)ジュウタンはやわらかで肌触りがよく, 他の材料よりも特別な感じのする, という結果を得ることができた。
Image for three floor materials (wood, plastic tile and carpet) were investigated using 2-dimensional structural model by the DEMATEL. Image with each material arises from the impression received from the visual information and converges to an item such as characteristics of material. These materials were evaluated using 20 rating scales in semantic differential. As the result of factor analysis, following five factors were extracted: a) naturalness, b) surface character, c) visual impression, d)potency and e) brightness. The semantic characteristics of three materials could be evaluated using the extracted five axes.

公開者 千葉大学教育学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026920
ISSN 1348-2084
NCID AA11868267
掲載誌情報 千葉大学教育学部研究紀要 Vol.53 page.367-371 (20050228)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AA11868267/13482084_53_367.pdf
情報源 Bulletin of the Faculty of Education, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

855 times.


Search
Related Materials in




学校施設
床材料
官能評価
DEMATEL法
SD法
School Facility
Floor Material
Sensory Evaluation
Decision Making Trial Evaluation Laboratory
Semantic Differential Method