Back
単純ヘルペス1型ウイルス(H-299)のマウス下肢への接種により引き起こされた網膜壊死   :   Peripheral Inoculation fo Strain H-299 of HSV-1 Induces Retinal Necrosis in BALB/c Mice. 

作成者 佐藤, 晴彦, HAMASAKI, Duco I
作成者 (ヨミ) サトウ, ハルヒコ
作成者の別表記 SATO, Haruhiko
キーワード等 Herpes simplex virus, Acute retinal necrosis, ERG, Mouse
日本十進分類法 (NDC) 490
内容 免疫に異常のない急性網膜壊死の患者から分離された単純ヘルペス1型ウイルス(HSV-1)であるH-299をBALB/cマウスの腿筋肉内に接種し遠隔の網膜への影響を検討した。接種後5〜19日後に26匹中15匹は脳炎および下肢の麻痺を発症した。11匹は脳炎も麻痺も示さなかった。脳炎を示した15匹中6匹の網膜電図(ERG)のb波の振幅が減弱し, 脳炎を示さなかった11匹中4匹のb波の振幅が減弱した。またb波の振幅が減弱したERGの感度も低下していた。ERGが減弱したマウスの網膜の組織像では, 襞形成, 内顆粒層の壊死, 視細胞の短縮が認められた。このH-299を接種し, 今回麻痺も脳炎も示さずに網膜の変化のみを示したものは, 急性網膜壊死のモデルとしても将来の発展が期待される。
We injected H-299 into the thigh muscle of BALB/c mice. H-299 is a strain of herpes simplex virus type 1 isolated from immunocompetent patient with Acute Retinal Necrosis (ARN). At the day 5-19 post inoculation, 15/26 mice showed encephalitis and paralysis of hind leg, and 11/26 mice showed neither encephalitis nor paralysis. Reduced ERG was observed in 6/15 mice with encephalitis and paralysis and in 4/11 mice with neither encephalitis nor paralysis. Histologically, necrosis of inner nuclear layer, folding of retina and shortening of photoreceptor were observed in the retina which showed reduced ERG. Retinal changes without encephalitis and paralysis caused by injecting H-299 can be recognized as a model of ARN.

公開者 千葉医学会
コンテンツの種類 雑誌掲載論文 Journal Article
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00027027
ISSN 0303-5476
NCID AN00142148
掲載誌情報 千葉医学雑誌 Vol.70 no.2 page.87-95 (1994)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142148/KJ00004213542.pdf
情報源 Chiba medical journal
言語 日本語
関連情報 (URL) http://c-med.org
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

545 times.


Search
Related Materials in




Herpes simplex virus
Acute retinal necrosis
ERG
Mouse