Back
内頸静脈の側副血行路 : 超音波カラードプラ法による血流速度を中心として   :   Collateral of Internal Jugular Vein : Measuement of Velocity of Venous Blood Flow with the Ultrasonic Color Doppler Technique 

作成者 中村, 宏
作成者 (ヨミ) ナカムラ, ヒロシ
作成者の別表記 NAKAMURA, Hiroshi
キーワード等 側副血行路, 椎骨静脈叢, 深頸静脈, PI値, 血流速度比
日本十進分類法 (NDC) 490
内容 両側根治的頸部郭清術による頭蓋内外静脈系の還流障害を予知するためには, 内頸静脈血行遮断時の主たる側副血行路の発達や血行動態を観察, 把握しておく必要がある。頸部郭清術を予定した40症例を対象に, 一側内頸静脈を経皮的に30秒間用手圧迫, 血行遮断した際の対側内頸静脈, 同様に両側内頸静脈の血行を遮断した際の椎骨静脈叢, 深頸静脈, 総頸動脈の血行動態を超音波カラードプラ法によりリアルタイムに観察し, 血行遮断前と比較した。また一側根治的頸部郭清術症例では, 残存内頸静脈の血行を圧迫遮断し, 側副血行路の経時的変化を観察した。血行動態を評価するパラメーターとして, 右房圧と各静脈との圧差を示すPI値(Pulsatility Index), 血流速度比を用いた。内頸静脈血行遮断により, 各側副血行路のPI値は低下し, 血流速度は上昇した。PI値の低下, 血流速度の上昇はともに静脈圧の上昇を示すものであり, これらの傾向の強い症例, それから総頸動脈の血流速度が低下する症例は術後, 静脈還流障害による合併症が出現する可能性が高いと推察される。それら危険性の高い症例においても, 時間の経過による側副血行路の発達を認めた。本法により, 両側内頸静脈血行遮断による各側副血行路の静脈圧上昇の程度を定量的に把握することが可能になり, 両側根治的頸部郭清術の術前検査としても有用であると考えられた。
In order to predict the venous return in the intra-and extracranial venous system resulting from a simultaneous bilateral radical neck dissection, 40 patients on the waiting list for neck dissection underwent a 30-second transcutaneous manual compression on the bilateral jugular veins and circulatory blocking. The resulting fluid dynamics of the collateral veins (vertebral plexuses and deep cervical veins) were observed in real time with the ultrasonic color Doppler technique for comparison with the pre-blocking findings. We used the pulsatility index (PI) value, showing the difference between the right atrial pressure and peripheral venous pressure, and the ratio of blood flow rate as parameters to evaluate the fluid dynamics. This procedure enabled us to qualify the degree of rise in the peripheral venous pressure in the collateral, arising from the blockage of the bilateral jugular venous circulation, and seemed to be useful as a preoperative laboratory procedure for simultaneous bilateral radical neck dissection.

公開者 千葉医学会
コンテンツの種類 雑誌掲載論文 Journal Article
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00027031
ISSN 0303-5476
NCID AN00142148
掲載誌情報 千葉医学雑誌 Vol.70 no.2 page.113-120 (19940000)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142148/KJ00004213546.pdf
情報源 Chiba Medical Journal
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

840 times.


Search
Related Materials in




側副血行路
椎骨静脈叢
深頸静脈
PI値
血流速度比