Back
超音波パルスドプラ法による鼓膜振動の観察   :   The Ultrasonic Pulse-Doppler Method Applied to Tympanic Membrane Vibration. 

作成者 中野, 淳之, 三浦, 巧, 鈴木, 晴彦
作成者 (ヨミ) ナカノ, アツユキ, ミウラ, タクミ
作成者の別表記 NAKANO, Asuyuki, MIURA, Takumi, SUZUKI, Haruhiko
キーワード等 Ultrasonic pulse-Doppler method, Vibration of human tympanic membrane in vivo
日本十進分類法 (NDC) 490
内容 鼓膜振動に関する研究は古くから行われ, 諸家がさまざまな方法をもって種々の報告をしている。しかし, その多くはモデルや動物, ヒト死体側頭骨を用いたもので, ヒト生体鼓膜で実際にその振動を観察記録したという研究は希である。われわれは今まで困難とされてきたヒト生体鼓膜の振動を外耳道から容易に挿入できる直径1mmの探触子をもつ超音波パルスドプラ装置を用いて実際に観察し, その伝音機構を物性測定という観点から解明することを目的に研究を行い, 以下の結論を得た。(1)ヒト生体鼓膜は気導純音, バンドノイズ, 骨導純音刺激により刺激音と同一のパワースペクトルを有す振動を示すことを確認した。(2)ホワイトノイズを負荷した場合には多数の広帯域にわたる共振周波数が存在することを確認した。(3)被験者に母音を発声させた場合に, ヒト生体鼓膜は音声の周波数に対応した共振周波数を示し, 最も強いピークを示す周波数は第1ホルマント周波数に対応することが判明した。(4)単発矩形波刺激を頭蓋骨に与えて鼓膜振動を励起した検討では, ヒト生体鼓膜の最低次の共振周波数は300〜340Hz, 共振のQは8〜15であった。(5)本法によって比較的簡単に伝音系の物性を測定できることが確認された。
The study to observe and investigate the vibration of the tympanic membrane has been performed from various viewpoints including optical and electrical method, since it has been very important in the field of Audiology and Otology. However, in the past studies, most investigators used animal models, human cadaver's temporal bones, and artificial models. There has been few studies in which human eardrum vibration was observed and recorded in vivo. Ultrasonic pulse-Doppler method has been used in the present study, and following results were obtained. 1. Doppler signals are consistent with the sound stimulated by the pure tones or band noises in terms of frequencies. 2. By the phonation of the vowel sound, it was revealed that human eardrum has the same resonance frequency corresponding to the 1st formant frequency. 3. When stimulated by the white noise, various and broad resonance frequencies were observed. 4. By the stimulation of the single rectangular pulse to the forehead, the lowest resonance frequency of the eardrum ranged from 300 to 350 Hz, Q value of resonance, from 8 to 15. 5. In conclusion, it is possible by this method to record the vibration of the human eardrum in vivo.

公開者 千葉医学会
コンテンツの種類 雑誌掲載論文 Journal Article
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00027032
ISSN 0303-5476
NCID AN00142148
掲載誌情報 千葉医学雑誌 Vol.70 no.2 page.121-131 (1994)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142148/KJ00004213547.pdf
情報源 Chiba medical journal
言語 日本語
関連情報 (URL) http://c-med.org
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

711 times.


Search
Related Materials in




Ultrasonic pulse-Doppler method
Vibration of human tympanic membrane in vivo