Back
急性小脳炎 : 症例報告およびレビュー   :   A CASE OF ACUTE CEREBELLAR ENCEPHALITIS : CASE REPORT AND REVIEW 

作成者 杉田, 克生, 寒竹, 正人, 五十嵐, 俊次, 清水, 直樹, 新美, 仁男
作成者 (ヨミ) スギタ, カツオ, カンタケ, マサト, イガラシ, シュンジ, シミズ, ナオキ, ニイミ, ヒロオ
作成者の別表記 SUGITA, Katsuo, KANTAKE, Masato, IGARASHI, Shunji, SHIMIZU, Naoki, NIIMI, Hiroo
キーワード等 cerebellar encephalitis, magnetic resonance imaging
日本十進分類法 (NDC) 490
内容 急性小脳炎の7歳女児例を報告する。発症2週間後のT_2強調磁気共鳴画像では, 左小脳半球に高信号領域を認めた。患児の小脳症状は2ヵ月間で徐々に改善した。発症6ヵ月後再度撮影した磁気共鳴画像でも, 前回同様の残存病変を認めた。この希で自然軽快する疾患の症状, 鑑別診断を簡単に論じる。
A 7-year-old female patient with acute cerebellar encephalitis (CE) is reported. Magnetic resonance imaging (MRI) with a T2-weighted sequence revealed a high signal lesion in the left cerebellar hemisphere at two weeks after the onset. The cerebellar symptoms improved gradually over 2 months. Repeat MRI, performed 6 months later, revealed the lesion remained. The signs, symptoms and differential diagnosis of this rare, self-limiting condition are briefly discussed.

公開者 千葉医学会
コンテンツの種類 雑誌掲載論文 Journal Article
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00027034
ISSN 03035476
NCID AN00142148
掲載誌情報 千葉医学雑誌 Vol.70 no.2 page.133-135 (19940000)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142148/KJ00004213549.pdf
情報源 Chiba medical journal
言語 英語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

637 times.


Search
Related Materials in




cerebellar encephalitis
magnetic resonance imaging